絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

人と人との深い心の結びつき、それが「絆」です。

2011年、私たちはニッケイ・コミュニティがどのように東日本大震災に反応し、日本を支援したかというテーマで特別シリーズを設け、世界中のニッケイ・コミュニティに協力を呼びかけました。今回ディスカバーニッケイでは、ニッケイの家族やコミュニティが新型コロナウイルスによる世界的危機からどのような打撃を受け、この状況に対応しているか、みなさんの体験談を募集し、ここに紹介します。 

投稿希望の方は、こちらのガイドラインをご覧ください。英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語で投稿を受け付けており、世界中から多様なエピソードをお待ちしています。みなさんのストーリーから連帯が生まれ、この危機的状況への反応や視点の詰まった、世界中のニマ会から未来に向けたタイムカプセルが生まれることを願っています。 

* * * * *

新型コロナウイルスの世界的大流行に伴い、世界中で多くのイベントが中止となりましたが、新たにたくさんのオンラインイベントが立ち上げられています。オンラインで開催されるイベントには、世界中から誰でも参加することができます。みなさんが所属しているニッケイ団体でバーチャルイベントを開催する予定があるという方は、当サイトのイベントセクションに情報の投稿をお願いいたします。投稿いただいたイベントは、ツイッター(@discovernikkei)で共有します。今自宅で孤立している方も多くいらっしゃると思いますが、オンラインイベントを通して新しい形で互いにつながれることを願っています。

food en ja es pt

お正月:サニーおじいちゃんの思い出

フェイスブックの友人が私に、ディスカバー・ニッケイのお正月写真企画への投稿を勧めてくれたとき、大切な思い出がせきを切ったようにあふれ出てきました。私はクリスマスの喧噪が苦手なので、家族は私をスクルージ・マクダック(訳注:ディズニーキャラクターでドナルド・ダックの気難しい伯父)と呼びます。プレゼント交換にツリーの飾り付け、クッキー作り、カードの交換と、私からするとクリスマスはあまりにもやり過ぎだと思うのです。一方でお正月は大好きで毎年楽しみにしています。私は、派手なクリスマスを悔悟するかのように、家族の意向に逆らい、私たち一家のスタイルで祝うお正月を強行しています。

お正月は、父が母や私たちきょうだいに毎年押し付けていたのと同じ期待を運んでくることに、私は数年前にはたと気づきました。父はもう亡くなっているので ...

続きを読む

food ja

二転三転する営業規制下での取り組み — ヴィーガンレスランのオーナー、中尾昭さん

「以前と同じことをやるだけ」

オレンジ・カウンティーのハンティントンビーチ。フリーウェイからはかなり離れた、目立たないショッピングモールの、これまた奥まった片隅にヴィーガンレストランVegiLicious(ヴェジリシャス)はある。カレーやラーメン、神戸焼肉丼といった日本的な料理もメニューに並ぶ同店のオーナーシェフが中尾昭さんだ。ヴィーガンメニューの店なので、当然ながらすべての食材が植物由来で、しかもオーガニック。そのヘルシーでしかも中尾さん自らが愛情を込めて作る料理の数々が評判を呼び、恵まれない立地条件ながら、グルメ系ソーシャルメディアでは長らく五つ星を獲得し続けている。

しかし、2020年3月、オレンジ・カウンティーも新型コロナウイルスによるロックダウンに突入、レストランは、テイクアウトとデリバリーのみという苦しい規制を科せられた。ところがFacebookを見る限り、VegiLiciousは中尾さんと接客を担当する妻の亜津子さんとで、毎日変わらずに営業しているようだった ...

続きを読む

culture en ja

バーチャル文化の日 2020

ワシントン州日本文化会館(JCCCW - Japanese Cultural & Community Center of Washington)は シアトルにあり、「日本と日系アメリカ人の文化や伝統を伝え、広める集いの場を築く」という理念に基づいて様々なプログラムを提供しています。その中には、コミュニティーイベントや西北日系博物館、北米最古の日本語学校であるシアトル日本語学校などが含まれています。

しかし、2020年はコロナ禍のため、そのほとんどをオンライン化しなければなりませんでした。毎年11月に開催していた「文化の日」もその一つで ...

続きを読む

education en ja

感染病の流行と日系カナダ人コミュニティ

1918年に猛威を振るったいわゆるスペイン風邪のパンデミックは、2年にわたり断続的に続いた。世界中で5億人が感染し、5千万人の命を奪ったといわれている。感染爆発の最初の犠牲者は第一次世界大戦時に戦場で闘った兵士たちだった。兵隊たちが戦場から郷里に復員してきた時にウィルスが拡散し、世界中で大流行したのである。カナダも例外ではなく5万人が亡くなった。

一方、日系人に対する差別は第一次世界大戦中(1914〜1918)は多少緩和されていたようだ。これは多分に、日英同盟の条約に従って、日本の戦艦がカナダ太平洋沿岸一帯を巡洋して、ヤップ島に常駐するドイツの軍艦の動きを監視していたからである。戦後、復員兵たちが労働市場に溢れ出し、森林伐採業に従事する日系人労働者の職を奪った。1923年、20年間続いた日英同盟が破棄されると、同じ頃、カナダ政府は日系漁業者たちの持つ漁業ライセンスを40%削減した ...

続きを読む

community ja pt

パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その2

その1を読む >>

懐かしい日本の歌との再会

ステイホーム中、友人と日本のテレビ番組や日本の歌謡曲のビデオなどのやり取りを良くするようになりました。私のスマートフォンに届いた最初の動画は「上を向いて歩こう」でした。私は坂本九の歌声を聴き、とても懐かしく感じました。なぜなら、この歌は私が2001年から2007年まで司会を続けたラジオ番組のテーマソングだったからです。毎朝、あの美しいメロディと歌詞をバックに「オハヨウ・ボンディア」と、視聴者に挨拶をし、数々の日本の歌を紹介していました。

そして私は、この有名な曲を、日本の人気歌手16名が自宅で歌い、それをつなぎ合わせたものがネットで反響を呼んでいるのを知りました。タイトルは、「日本を元気に!みんな歌って ...

続きを読む