ニッケイ物語7: ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

みなさんにとって、ニッケイ人であることの意味は何でしょう?日々の生活の中で、ニッケイ人らしさが現れるのはどのような時ですか?日本の伝統を維持するためにどのような活動に携わっていますか?個人または集団で、ニッケイ人のルーツとのつながりをどのように維持していますか?自分がニッケイ人だと心から感じるのは、いつ、どのような時ですか?

「ニッケイ・ルーツ」に関する投稿をお待ちしております。投稿の締め切りは2018年9月30日です。

または »

Album of the Week

  • pt

À caminho do Brasil

Para chegar ao Brasil os imigrantes japoneses passavam cerca de dois meses no navio. Essa coleção é uma reunião de pequenos, mas significativos fragmentos da viagem , as imagens mostram os momentos que precediam o encontro com a nova e estranha terra - "ブラジル" Muitos imigrantes gostam de contar as ...
mhijb

More Albums »

ニマ会コミュニティ

あなたも、ディスカバー・ニッケイ・グローバル・コミュニティーに参加してみませんか?このコミュニティは、「ニマ」の人々が互いに繋がり、多くを共有する場です。「日系のことを学びたい」、「日系の体験を伝えたい」という世界中の人々が、ニマ会に参加しています。ニマの皆さんをご紹介しましょう。

もっと見る

今月のニマ

greg (Quebec, Canada)

Greg Robinson, a contributor to Discover Nikkei since 2009, grew up in New York City and is currently a professor of history at l'Université du Québec À Montréal. His books include By Order of the President: FDR and the Internment of Japanese Americans (Harvard University Press, 2001), A Tragedy of Democracy: Japanese Confinement in North America (Columbia University Press, 2009), and The Great Unknown: Japanese American Sketches (University Press of Colorado, 2016). His latest book is the co-edited volume John Okada: The Life & Rediscovered Work of the Author of No-No Boy (University of Washington Press, 2018). Greg was previously selected Nima of the Month in October 2013.

歴代の「今月のニマ」 >>