ミラグロス・ツカヤマ・シンサト

(Milagros Tsukayama Shinzato)

日系三世、母方も父方の祖父母も沖縄県の与那原村出身。現在、英語・スペイン語のフリーランス通訳であり、Jiritsu(じりつ)というブログを運営している。このブログを通じて、個人的に関心のあるテーマやペルーの日本人移民またはそれに関連する研究課題などを発信している。
(2013年9月 更新) 

food en ja es pt

ニッケイ物語#6 — いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

母にとって厳しい時代は、私にとっては素晴らしい思い出がいっぱい

母はいつも「全部食べるんだよ、捨てるのはもったいないから」と言っていました。他界してからすでに2年が経ちますが、今でもとても恋しく思うことがあります。「味の素が無くなったら、醤油と砂糖で味付けなさい」とも言っていました。そのようなアドバイスは今も鮮明に覚えています。また、「不機嫌で調理すると、料理もまずくなるよ」と口うるさく言っていましたが、確かにその通りです。料理は、怒らず愛情を込めてつくるものです。

母も、祖母(沖縄県の人は「オバー」と呼ぶ)も、あまり感情を表に出すことはありませんでした。二人とも夫をかなり早くに亡くしたので ...

続きを読む

community en ja es pt

日系人の新年、一世たちのお正月から今日まで

私は幼少期の頃祖母と過ごす時間が多く、そのせいか日常生活には日本的な習慣がかなり反映されていました。クリスマスを特に祝うこともなく、逆にお正月はとても盛大に迎えていました。

正月の準備は12月31日にしていたと記憶しています。夜明けとともに、みんなで家の大掃除をし、母は朝からから、豆腐、大根、人参、そして結昆布が入った豚肉の煮物、たくさんの寿司、サツマイモと野菜の天ぷらといったご馳走をつくっていました。これらのすべてをお供えとして仏壇の前に置き、年が明けてからみんなで食べました。

年末の31日は、みんな早く寝ました。次の日のお正月を、みんなとても楽しみにしていたのです。朝起きると居間には若水の水差しが置いてありました。それは祖母が井戸水から汲んできたもので、お正月にこの若水を飲むと、一年間健康であり続けると祖母は言っていました。沸騰した水 ...

続きを読む

identity en ja es pt

ニッケイ物語#2 — ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~

「Mabuyá」という幸運の震え:幼少時代の思い出として残るオバーの習慣

オバー(以下、祖母のことを指す)は、いつも「夜掃除すると貧乏になるよ」とか、「夜爪を切ると悪魔がくるよ」とか、ネコが自分の顔を洗っているときは「もうすぐ雨が降るよ・・・」と、“予言”しました。私が幼い頃は、家の中にはこうした言い伝えがいつも飛び交っていました。

しかしオバーが亡くなってからは、家の中でそうした言葉を聞くことは少なくなりましたが、私の記憶には今でもそうした言い伝えや慣習、信念といったものが残っています。オバーに対する熱い思い出の証かも知れません。昔からの習慣というものはなかなかやめられないものですが、これらはオバーが沖縄から持ってきたものなので、当然そう簡単にはなくなりません。

オバーは沖縄県南部の与那原村出身です ...

続きを読む

migration es

Sentei Yaki, una vida dedicada a ayudar a los demás

Hachizo Nakamura, un inmigrante japonés fallecido a los 80 años, nunca olvidó la ayuda que recibió de Sentei Yaki. Desde que lo conoció, acostumbraba celebrar dos cumpleaños: uno por su nacimiento y otro por su renacimiento, que era la fecha en que recibió la ayuda de Yaki. “Sin la ayuda oportuna de él, hace tiempo hubiera muerto”, decía.

Este testimonio nos recuerda cómo era Sentei Yaki, un destacado hombre de negocios, dirigente y filántropo okinawense. Creador de la primera asociación japonesa y promotor del tanomoshi en el Perú, Yaki dedicó su vida a ...

続きを読む

business es

Mary Higa y Daisuki Mensore: emprendimiento con kimochi

Aunque tiene un nombre corto, tiene mucho por contar. Mary Higa resume su vida con esta frase: “Siempre miro para adelante”. Hace 5 años abrió con mucho esfuerzo su tienda de regalos en el distrito limeño de San Miguel. Actualmente, Mary participa en todos los eventos de la colectividad nikkei, ofreciendo novedosos productos así como artículos de Japón. Por su carácter espontáneo y siempre atento, ha ido ganándose la preferencia del público. Detrás del mostrador, Mary nos cuenta cómo comenzó.

«Prácticamente, nací en la bodega»

Los padres de Mary ...

続きを読む