ニッケイ物語8 — ニッケイ・ヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ヒーロー」という言葉は、人によって異なる意味を持ちます。ニッケイ物語シリーズ第8弾「ニッケイ・ヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人」では、日系ヒーロー、すなわち彼らが人々に与えた影響について考えてみたいと思います。あなたのヒーローは誰ですか?彼らの物語、そして彼らがあなたの日系アイデンティティまたは日系人とのつながりにどのような影響を与えたのかを教えてください。

あなたの「ヒーロ」ストーリーをディスカバーニッケイへお寄せください。日系人や日系コミュニティに関連したトピックに限ります。お一人で複数の投稿も可能です。投稿の受付期日は2019 51日~930日午後6時(太平洋夏時間)です。募集ガイドラインに従って投稿いただいたすべての作品は、「ニッケイ・ヒーロー」シリーズとして、順次掲載されます。

詳細は、5dn.org/JAheroをご覧ください。


その他のニッケイ物語シリーズ:

#1: いただきます!ニッケイ食文化を味わう
#2: ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~ 
#3: ニッケイ人の名前:太郎、ジョン、フアン、ジョアオ?
#4: ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観
#5: ニッケイ語:家族、コミュニティ、文化の言葉
#6: いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう
#7: ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

community ja

曾おばあちゃん魂

私には人の気配を感じたのに、実際は誰もいなかったということがよくあります。精神科医により統合失調症(スキゾフレニア)という精神障害と診断されました。大学を落第して、強制入院をしいられた時のことです。私にだけ頻繁に他人の声が聞こえていました。なぜ他の人には聞こえないのか不思議でたまりませんでした。病院では自由が全くなく、いつも強制的に強い薬を投与され、そのせいで何もやる気が起きず、体が動きませんでした。これは6年前の出来事です。

私の先祖もなにかを強制される経験をしました。第二次世界大戦時に、日系アメリカ人であったため強制収容所に連れて行かれたのです。戦争中日系人は、不公平を耐えしのぐ為に我慢をしていたそうです。そのせいか、日系人の間では、「我慢」という言葉が今でもよく使われます。当時日系コミュニティではすでに我慢という文化が根付いていて、問題が起きた時もみんな我慢していました ...

続きを読む

community pt

Miyoko Fujisaka, 95 anos – a nossa heroína

Miyoko Fujisaka nasceu em Osaka no dia 24 de setembro de 1924. Terceira filha de Sadakichi e Kuri Kawauchi, veio com a família para o Brasil no navio La Plata Maru, chegando no porto de Santos no dia 9 de janeiro de 1933.

A família foi encaminhada para trabalhar no plantio e colheita de café e algodão numa fazenda do noroeste do Estado de São Paulo.

Enquanto seus pais e os dois irmãos trabalhavam na roça, a menina Miyoko ficava em casa cuidando da irmãzinha e fazendo as tarefas domésticas.

Em 1941 ...

続きを読む

identity en

A Moment in Time

As I gazed upon my mom’s old wooden hand mirror, I found that time has not been kind to my face. There were noticeable lines across my forehead, wrinkles around the corners of my mouth and dark spots of old age.

Whenever I held my dad’s old broken wrist watch against the windowpane, I noticed that time had stopped at 10:30 a.m. The face on the watch was made of glass which was dome shaped and tinted yellow with age. The numerals on its face were from 1-12, 13-24 by the hour and 5-60 by the ...

続きを読む

war en

The Hero I Never Met

My hero Is my late father-in-law Yoneto James Nakata. He was the father of my wife, Mary Nakata. She asked me to research her father’s life as she never knew him because he died when she was only six months old.

Over a period of 30 years, I came to know him through the few documents that Mary had. Yoneto Nakata was born in Sanger, California on November 25, 1918 to immigrants from Hiroshima, Japan. They worked in the San Joaquin Valley as farm workers, picking fruits such as grapes and peaches. But in 1925, his parents along with ...

続きを読む

community es

La profesora que cruzó el océano

En el marco de los 120 años de inmigración japonesa al Perú, me gustaría hacer una pequeña reflexión personal inspirada en la historia de inmigración de mi bisabuela, que para mí es una enorme fuente de admiración como persona y como mujer. Su historia seguramente se asemeja a la de muchas más, y dado que pocas veces tiene oportunidad de ser contada, aprovecharé ahora que se cumplen 120 años desde que el Sakura Maru desembarcó en el Callao.

Mi bisabuela, Yoshino Sakurai, era oriunda de un pueblito insignificante en las monta ...

続きを読む