ニッケイ物語8 — ニッケイ・ヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ヒーロー」という言葉は、人によって異なる意味を持ちます。このシリーズでは、日系ヒーロー、すなわち彼らが人々に与えた影響についてさぐってみました。あなたのヒーローは誰ですか?あなたのヒーローはあなたの日系アイデンティティまたは日系人とのつながりにどのような影響を与えましたか?

ディスカバー・ニッケイでは、2019年5月から9月までストーリーを募集し、11月12日をもってお気に入り作品の投票を締め切りました。全32作品(英語:16、日本語:2、スペイン語:11、ポルトガル語:3)が、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、日本、ブラジル、米国、ペルー、メキシコより寄せられました。

編集委員とニマ会のお気に入り作品はこちらです。


編集委員によるお気に入り作品:

ニマ会によるお気に入り作品:

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>


その他のニッケイ物語シリーズ:

#1: いただきます!ニッケイ食文化を味わう
#2: ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~ 
#3: ニッケイ人の名前:太郎、ジョン、フアン、ジョアオ?
#4: ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観
#5: ニッケイ語:家族、コミュニティ、文化の言葉
#6: いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう
#7: ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

identity en ja es pt

私のルーツ ~大藤松五郎の足跡~

1869年春、戊辰戦争で敗れた会津藩士の一団が、当時ゴールドラッシュに沸いたカリフォルニアに渡り「若松コロニー」という入植地を築きました。彼らに同行し、のちに現地でワイン醸造を学び、その後帰国して日本にワインを広めたと言われる大藤松五郎(おおとうまつごろう)が、私にとってのヒーローです。松五郎は、私の高祖母の父、つまりひいひいひいおじいさんで、私はその6代目の子孫にあたります。子どもの頃から英語を学んでいた私は、いつか海外に行って自分の知らない世界を見てみたい、色々な人と関わってみたいという願望を持っていました。その夢を叶えるため、高校生のときにイギリスに留学しましたが、私の先祖が、150年前に同じように日本を出て海を渡ったとは思いもしませんでした。なにか運命的なつながりを感じます。

私が松五郎という存在を知り、調べてみようと思ったきっかけは ...

続きを読む

culture en ja es pt

ミネ・オオクボ

ミネ・オオクボは、日系アメリカ人強制収容所での体験を記録した画集、『市民13660号』でもっとも良く知られるアーティストです。私がカリフォルニア大学リバーサイド校の学生だった1979年、ミネは私のヒーローになりました。当時20代の若い女性だった私は、第二次世界大戦を生き抜いた“最も偉大な世代”のひとりであるミネの偉業に勇気づけられる思いでした。ミネは、自分の心に従い、堂々と生きていました。女性アーティストとしても、人生においても自らを貫き、困難な経験はミネをより強い人間に成長させました。ニッケイのアイデンティティを持ち続け、日系アメリカ人コミュニティやリバーサイドの原点を決して忘れませんでした。幼い頃から自分の人生で何をしたいのか知っていた、若く意思の強い日系アメリカ人アーティストを見つけたことに、私は興奮しました。女性は結婚して家庭を持つことが当たり前とされていた時代に、何ものにも自分のアートの邪魔はさせないという決意がミネにはありました。

ミネは ...

続きを読む

war en ja es pt

私の父はツールレイク不忠誠者

私は、父の強さと勇気を永遠に称えるでしょう。第二次世界大戦中、私の父は若くしてアメリカの強制収容所に収容されるという苦渋を強いられたものの、人生を情熱的に忍耐強く生きました。

1921年6月6日、父はカリフォルニア州サンタアニタでセロリ農場の経営に成功した移民の両親の元に生まれました。5歳の時、病気の祖父の看病をするために両親と共に日本へ帰国、その後日本で子供時代を過ごしました。それから長い年月を経て、私の祖父は、父がどんなに賢く勉強熱心で、生まれながらのリーダーであったか私に教えてくれました。1939年、名門の(愛知)県立八幡浜高校を優秀な成績で卒業した父は、ロサンゼルスの住友銀行でインターンシップを受けることになりました。南カリフォルニアに渡った父は、米国生まれで日本育ちの他の帰米たちと出会いました。父の前には明るい未来が広がっていました。

1941年12月の真珠湾攻撃を境に、日本人を先祖に持つ人々の生活は一変しました。その3か月後 ...

続きを読む

community en ja es pt

私のヒーロー:キヨシ・クワハラ

幼い頃の私のヒーロは、立派な功績持ち素晴らしい行いをする人でした。しかし、時が経つに連れ、私のヒーロー像は変わり、今では全く違うものとなっています。ペルー日系人協会にある「ピオネーロス(パイオニアという意味)」という日本人移住者データバンク(1899年~1941年)のおかげで、私ははじめて祖父の情報を得ることができ、戸籍謄本を手に入れることができました。そうすることで、今の私の一番のヒーローであるキヨシ・クワハラという人物について少しイメージが浮かぶようになりました。

私は、チリ北部の乾燥地帯イキケという街で生まれ、親だけではなく祖父母のキヨシとマツノにも育てられました。祖父は初婚の妻と死別して10年ぐらい経ってから祖母と再婚しました。祖父には二人息子がおり、祖母には一人娘がいました。幸いにも三人とも仲の良い兄妹として育ちました ...

続きを読む

community en ja es pt

フジサカ・ミヨコ、95歳 - わたしたちのヒロイン

フジサカ・ミヨコは1924年9月24日、川内貞吉とクリの長女として大阪で生まれました。2人の兄とともに両親に連れられ、移民船「らぷらた丸」でブラジルのサントス港に着いたのは、1933年1月9日でした。

一家はサンパウロ州北西のコーヒーと綿の植え付け農園に入植しました。

両親と兄2人は農園で働き、少女のミヨコは妹の面倒と家事を任されていました。

1941年にミヨコの父親が亡くなり、母親は子供たちを連れてサンパウロ市に引越しました。

ミヨコはリベルダーデ区のカンポス・サレス州立学校で小学校卒業後、ヴェルゲイロ通りのミチエ・アカマ花嫁学校に通いました。ここで、料理、裁縫、日本語、ポルトガル語を学びながら、音楽や絵画、短歌、生け花 ...

続きを読む