ニッケイ物語#3: ニッケイ人の名前:太郎、ジョン、フアン、ジョアオ?

名前にはどんな意味があるのでしょう?このシリーズでは、名前の意味や起源など、日系人の名前(姓、名前、あだ名を含む)にまつわるこれまで語られることのなかったストーリーを紹介します。

このプロジェクトでは、ニマ会と編集委員に、それぞれお気に入り作品への投票と選考をお願いしました。お気に入り作品はこちらです!

選ばれたお気に入り作品は以下の通りです。

 

  編集委員によるお気に入り作品:

  ニマ会によるお気に入り作品:

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>


その他のニッケイ物語シリーズ: 

#1: いただきます!ニッケイ食文化を味わう
#2: ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~
#4: ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観 
#5: ニッケイ語:家族、コミュニティ、文化の言葉 
#6: いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう 

identity en ja es pt

私の名前って? ダイアナ、ケイコ、アンドウさん、ミセス・オノ、ダイアナさん、ダイアナおばさん???

現在50代の私は、思えば今まで何度も名前の変更を経験してきました。私はオレンジ郡に育ち、大学生になるまでダイアナ・ケイコ・アンドウとして知られていましたが、大学3年次に東京の早稲田大学に留学し、ケイコと呼ばれるようになりました。それは、1976年のことでした。この素晴らしい1年は、まぎれもなく私の人生の転機でした!日本の生活を体験できたことは、本当に幸せなことでした。私は、日本の伝統を心から愛し、私のミドルネームが日本名であることを誇りに思います。

その頃から私は、何度か面白い体験をしてきました。なぜなら、ダイアナ・アンドウは、別名ケイコ・アンドウでもあって、同一人物だということに気づかない人もいるからです ...

続きを読む

identity en ja es pt

千代の子

私のミドルネームにまつわるストーリーは、幼い頃の私のプライドとプレッシャーとなっていました。チヨコという私のミドルネームは、父の母である私の祖母、千代子からつけられました。私が生まれる前、祖母は胃がんと闘っていました。私が生まれるまで生きようと努力しましたが、生まれる2、3ヶ月前、祖母は亡くなりました。両親は私に、家族がどんなに祖母の死を悲しみ、そして私が再び家族に幸せをもたらしたと話してくれました。両親の大好きな、私が赤ん坊だった頃の思い出は、私を連れて祖父の家に行き、祖父が私と唄い踊ることでした。

子供の頃、私は、丘1つ超えたところに住む祖父とよく一緒に過ごしました。祖父は、私の大叔母である祖父の妹と叔母にあたる娘と暮らしていました。祖父と大叔母は2人ともパートナーに先立たれており、2人の家は ...

続きを読む

identity en ja es pt

日本名について

日本名の響きは、ブラジル人にとって、奇妙に聞こえる。最初の移住者は自分にもブラジル名を選んで、子どもにも「ガイジン1」の名前を付けた。こんな小話もある。一世の父親が息子に名前を付けるとき、友人が「アントニオかジョアオンかカルロスを提案するよ」と言うと、「提案する」というポルトガル語「sugiro」を名前だと思い、その3つのブラジル名を無視し、息子に「スジロウ」と名付けた。

私の友人シゲル・イエツグが新しい上司に自分の名前を何度言っても、上司は、どうしても聞き取れなかった ...

続きを読む

identity en ja es pt

ユミになる

私は、子供の頃から自分の名前が嫌いでした。「エイミー」に変えたいと思っていました。エイミーなら可愛いし、白人みたいだし、私はその両方になりたかったのです。友達もバービーもみんな白人で、私もお揃いがよかったのです。当時7歳だった私の、うずうずするような気持ちが思い出されます。私は、全身全霊をかけ、名前が変わるよう祈りました。両親に私の考えを打ち明けた時、2人が笑ったのは当然のことでした。

私は、4人兄弟の3番目として、1960年代、ニュージャージー郊外に生まれました。近くにアジア系の家族はいませんでした。両親は、2人の姉と同じように私に日本名をつけました。父は科学者らしく、系統だったやり方を考え ...

続きを読む

identity en ja es pt

選ばれた名前

メアリー・ミエコ・スナダとは誰でしょう?それは、私の出生証明書にさかのぼります。1948年1月1日午前1時、東京都台東区浅草田中町1-4に女の赤ちゃんが産声を上げ、メアリー・ミエコ・ナカタと名付けられました。両親は、カリフォルニア州サンガー出身のヨネト・ナカタと群馬県出身のヤエコ・ニイクラです。

父ヨネトは、中田家の最後の1人でした。父に兄弟はありませんでした。父の母は出産後病気になり、家族は日本に帰国しました。両親の死後、父は米国に戻り、1941年、米国陸軍に徴兵され、陸軍情報部に志願しました。1946年1月19日 ...

続きを読む