メアリー・スナダ

(Mary Sunada)

メアリー・スナダ氏は夫のジョンと結婚して36年になります。2人には、ジェームズとデイビッドという2人の息子がいます。彼女は元小学校教員で、ロサンゼルス統一学区の小学校に36年勤めました。現在は、オレンジ郡仏教会、全米日系人博物館、ゴー・フォー・ブローク全米教育センターの会員です。好きなことは、釣りやダンス、そして昔からの友人たちや新しい仲間と旅行をすることです。

(2016年8月 更新)

identity en ja es pt

ニッケイ物語#4 — ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観

両親への手紙

愛するお父さんとお母さんへ

ヤエコ & ヨネト・ナカタさん、娘のメアリーです。この手紙を書くまで長い時間がかかってしまったこと、申し訳なく思っています。仕事を持ち、結婚し、家庭を築く中、とても忙しくしていました。私の心からの感謝の気持ちをどのようにお二人に伝えるべきか、考えあぐねていました。そしてお父さんとお母さんが第二次世界大戦後に味わった苦しみを、私は理解していませんでした。

1948年の元日、私の日本の家族に最大の幸せが訪れようとしていました。私は午前1時に長女として生まれ、メアリーと名付けられました。しかし、アメリカで始まるはずだった新たな生活は1948年5月28日、悲劇と共に閉ざされることとなりました。

父の訃報が届いた時、日本で私の世話をしてくれていたのは祖父母でした。父はまだ29歳 ...

続きを読む

identity en ja es pt

ニッケイ物語#3 — ニッケイ人の名前:太郎、ジョン、フアン、ジョアオ?

選ばれた名前

メアリー・ミエコ・スナダとは誰でしょう?それは、私の出生証明書にさかのぼります。1948年1月1日午前1時、東京都台東区浅草田中町1-4に女の赤ちゃんが産声を上げ、メアリー・ミエコ・ナカタと名付けられました。両親は、カリフォルニア州サンガー出身のヨネト・ナカタと群馬県出身のヤエコ・ニイクラです。

父ヨネトは、中田家の最後の1人でした。父に兄弟はありませんでした。父の母は出産後病気になり、家族は日本に帰国しました。両親の死後、父は米国に戻り、1941年、米国陸軍に徴兵され、陸軍情報部に志願しました。1946年1月19日 ...

続きを読む

identity en

ニッケイ物語8 — ニッケイ・ヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

A Moment in Time

As I gazed upon my mom’s old wooden hand mirror, I found that time has not been kind to my face. There were noticeable lines across my forehead, wrinkles around the corners of my mouth and dark spots of old age.

Whenever I held my dad’s old broken wrist watch against the windowpane, I noticed that time had stopped at 10:30 a.m. The face on the watch was made of glass which was dome shaped and tinted yellow with age. The numerals on its face were from 1-12, 13-24 by the hour and 5-60 by the ...

続きを読む

identity en

ニッケイ物語#7 — ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

A Promise

Almost 60 years ago, a promise was made by a girl who was ten years old. I was that little girl and remembered that day very clearly. My best friend, Leslie, came over to play and told me a secret. She said that the man I called “Pop” was not my biological father. I felt hurt and anger towards my mom because I heard it first from a friend. Now, I understood why I had emotions of not belonging, being unhappy, and always feeling lonely. I wanted to know why Mom did not talk about my father. Was he bad ...

続きを読む

identity en

Bringing Dad Home

Returning home in October 2016 from Japan reminded me of how much my dad, Yoneto Nakata, loved me.

Even though his life was cut short, he had accomplished so much.  My dad was a World War II veteran of the U.S. Army.  He volunteered for the Military Intelligence Service, a top-secret unit of the Japanese American soldiers fluent in the Japanese language, while his cousins were shipped to Jerome internment camp.

After WW II, Dad met and married my mom, Yaeko Niikura, in Japan, where he worked as a civilian interpreter for Gen. Douglas MacArthur’s government. I was ...

続きを読む