セルヒオ・エルナンデス・ガリンド

(Sergio Hernández Galindo)

セルヒオ・エルナンデス・ガリンド氏は、コレヒオ・デ・メヒコで日本研究を専攻し、卒業した。メキシコやラテンアメリカ諸国への日本人移住について多くの記事や書籍を刊行している。

最近の刊行物としてLos que vinieron de Nagano. Una migración japonesa a México [長野県からやってきた、メキシコへの日本人移住]  (2015)がある。この本には、戦前・戦後メキシコに移住した長野県出身者のことが記述されている。また、La guerra contra los japoneses en México. Kiso Tsuru y Masao Imuro, migrantes vigilados(メキシコの日本人に対する戦争。都留きそと飯室まさおは、監視対象の移住者) という作品では、1941年の真珠湾攻撃による日本とアメリカとの戦争中、日系社会がどのような状況にあったかを描いている。

自身の研究について、イタリア、チリ、ペルー及びアルゼンチンの大学で講演し、日本では神奈川県の外国人専門家のメンバーとして、または日本財団の奨学生として横浜国立大学に留学した。現在、メキシコの国立文化人類学・歴史学研究所の歴史研究部の教育兼研究者である。

(2016年4月更新)

identity en ja es pt

フリオ・ミスミ・ゲレロ=コヒマの多様なルーツ:「ソン・ハローチョ」音楽家の日系人 — その2

その1を読む >>

フリオ・ミスミ・ゲレロ=コヒマ(Julio Mizzumi GUERRERO KOJIMA)は、ベラクルスの民族音楽「ソン・ハローチョ(son jarocho)」や「ファンダンゴ(fandango)1」の音楽家としてとても高い評価を得ている。ハラナ(小型のギター)奏者であるこの日系音楽家に対しての評価は、生まれ育った土地の音楽や伝統を自分のアイデンティティの一つとして受け入れ、音楽を通してそれを徐々に表現していくことで長年かけて培われたものである ...

続きを読む

identity en ja es pt

フリオ・ミスミ・ゲレロ=コヒマの多様なルーツ:「ソン・ハローチョ」音楽家の日系人 ― その1

メキシコの伝統的民俗音楽家でもあり幼稚園の先生でもあるフリオ・ミスミ・ゲレロ=コヒマ(Julio Mizumi GUERRERO KOJIMA)は、ベラクルス州の「リオ・デラス・マリポーサス(蝶の河)」として知られているパパロアパン川付近にある小さな村オタティトラン(Otatitlán, 原住民ナワトル語で「竹の場所」という意味)で、1970年に生まれた日系人である。フリオが育った村オタティトランは、様々な異なった文化が共存する文化的にとても豊かな土地で、様々な風が吹くのでソタベントと呼ばれている ...

続きを読む

war en ja es pt

日米戦争とアメリカ日本人移住者の迫害

1941年12月7日の日本による真珠湾攻撃は日米開戦を意味しただけではなく、アメリカ大陸の各国に移住していた日本人を当事者として第二次世界大戦に巻き込んだ。

その時点で数十年も前から定住していた日本人移住者は、アメリカをはじめとするいくつかの国々で、日本の帝国陸軍の一部(先遣隊、または諜報員)としてみなされ、日本軍による侵略を防ぐ手段として隔離(拘束)または追放もしくは送還された。親の国籍(日本)と同じでない子弟の日系二世も、その国で生まれ育ったにもかかわらず、「適性外国人」に指定された。太平洋戦争は、こうした日本人移住者の迫害と人種的憎悪を助長したといわれているが、実はそうした状況は日本人移民が海外渡航しはじめた19世紀末から見られていた。

日本からアメリカ大陸には80万人の移民が仕事と新しい未来を求めて移住した。農民、鉱山労働者、漁師、商人 ...

続きを読む

community en ja es pt

カルロス春日小坂氏という人物 ー日系社会における奮闘と努力のストーリー

メキシコだけではなく中南米では誰もが知っているメキシコの日系経営者カルロス春日小坂氏は、2017年10月に80歳になった。カルロスさんは、日系企業であるメキシコ・ヤクルト社の会長としても知られているが、それ以上に講演者としても非常に有名であり、SNSでは何千というファンがいる。

カルロス春日さんが経営者として、そして日系指導者として成功したのは、彼が勤勉でとても努力家であったからである。しかし、ここで紹介するストーリーはあまり知られていない。長野県出身の日本人移住者の両親のもと、メキシコ中部サン・ルイス・ポトシー州の小さな村で生まれ、カルロス剛(つよし)と命名された。

カルロスさんの父親である春日勉氏は、1930年20歳の時、長野県の養蚕業が盛んな地域からメキシコにやってきた。1929年の世界恐慌で生糸の価格は暴落し、長野県内のほとんどの農家は仕事を失い困窮していた。こうした状況の中 ...

続きを読む

culture en ja es pt

ホセ・タロウ・ソリージャ・タケダ:社会問題を作品にする日系建築家

ホセ・タロウ・ソリージャ・タケダ(José Taro ZORRILLA TAKEDA)は、日本とメキシコの名門大学で教育を受けた日系メキシコ人若手アーティストである。両国で得た学問と経験を活かしながら、自らの職業活動の専門性を向上させ、二つの国の社会問題に真剣に取組んでいる。

彼の母親の武田和子さんは、1974年にメキシコにやってきた。東京の上智大学でスペイン語学科を専攻した。当時多くの日本人がそうであったように、彼女もメキシコの文化に魅了された一人だった。日本の経済成長によって日系企業の海外進出が拡大し、対メキシコ投資も飛躍的に伸びた時期で、メキシコでは日本料理店の開店が相次いだ。有名レストラン「サントリー」もその一つで、スペイン語と日本語ができる和子さんはそこで働くことになった ...

続きを読む