セルヒオ・エルナンデス・ガリンド

(Sergio Hernández Galindo)

セルヒオ・エルナンデス・ガリンド氏は、コレヒオ・デ・メヒコで日本研究を専攻し、卒業した。メキシコやラテンアメリカ諸国への日本人移住について多くの記事や書籍を刊行している。

最近の刊行物としてLos que vinieron de Nagano. Una migración japonesa a México [長野県からやってきた、メキシコへの日本人移住]  (2015)がある。この本には、戦前・戦後メキシコに移住した長野県出身者のことが記述されている。また、La guerra contra los japoneses en México. Kiso Tsuru y Masao Imuro, migrantes vigilados(メキシコの日本人に対する戦争。都留きそと飯室まさおは、監視対象の移住者) という作品では、1941年の真珠湾攻撃による日本とアメリカとの戦争中、日系社会がどのような状況にあったかを描いている。

自身の研究について、イタリア、チリ、ペルー及びアルゼンチンの大学で講演し、日本では神奈川県の外国人専門家のメンバーとして、または日本財団の奨学生として横浜国立大学に留学した。現在、メキシコの国立文化人類学・歴史学研究所の歴史研究部の教育兼研究者である。

(2016年4月更新)

community ja es

荻野正蔵氏:日墨関係500年の記録を追って

荻野正蔵氏が執筆した『海を越えて500年』は、メキシコと日本の交流関係を記録したすばらしい著書である。440ページに及ぶこの作品は、16世紀に当時のメキシコがまだヌエバ・エスパーニャ副王領だったころに日本と初めて交流を持ったときからはじまり、1897年以降メキシコに到着した日本人移民のたくさんの人生物語や出来事が盛り込まれている。

初の移民団がメキシコに到着する11年前に、両国はすでに友好条約を締結していた。組織的に日本人移住が始まったのは、1897年である。荻野氏の著書では、二カ国間の交流記録だけではなく、1,000枚の写真と多数のイラストを用いてメキシコでの日本移住者の生活模様を紹介している。

荻野氏は1970年に早稲田大学を卒業し、その直後にメキシコへ移住した。徐々に日本人移民労働者の経緯や体験を知るようになり、彼らがどのようにメキシコ社会に溶け込んでいったのか、また各地にどのように定着したのかを自ら調べるようになった。素晴らしいジャーナリストとしてのセンスを持つ荻野氏は、東西南北にいる日本人をインタビューし、何百という証言を取った。

また ...

続きを読む

war en ja es pt

イサムカルロス柴山とラ米日系人の迫害:まだ終わっていない事件調書

イサム・カルロス・柴山氏は、1931年に南米のペルーで生まれた日系人だ。幼い頃アメリカ政府によるペルー政府に対する要請で、1944年に両親や兄弟、祖父母とともにリマで拘束された。家族全員がテキサス州のクリスタルシティー収容所に移送され、2年にわたってアメリカで収容生活を送った。祖父母は、他の連合国の捕虜と交換され日本に帰還するが、イサムは二度と会うことができなかった。

イサム・柴山氏は現在86歳で、アメリカ人としてアメリカ政府による戦時中の人権侵害に対して正義を要求している。つい最近、2017年3月21日にワシントンで開催された米州機構の米州人権委員会でその要求内容を力強く訴えた。13年前から、イサムは他兄弟二人とこの国際機関に人権侵害の訴えと、それに対する賠償、さらにアメリカ政府による謝罪を求めている。

この人権委員会は、どの政府に対しても決議を履行させる権限はないが、柴山氏の提訴内容が認められれば、以前アメリカとペルー政府が ...

続きを読む

community en ja es pt

絆:ニッケイ・ストーリー ~東日本大震災から~

2011年東日本大震災の被災者に送ったメキシコのくす玉と応援メッセージ

2011年3月11日の早朝、画家の鈴木美登里さんはなかなか眠りにつくことができなかった。その日は朝から、日墨協会で自身とアーティスト仲間が企画した「マゲイの花(竜舌蘭の花)」という絵画展の開会式が予定されていた。眠ってしまった頃に電話がなり、友達から日本で大きな地震が発生したという知らせが入った。朦朧としたまま、次のように返事した:「心配しなくてもいいよ!日本ではいつも発生している地震の一つよ!」、と言って電話を切ったのである。

それから数時間後まだ朝のかなり早い時間だったが、美登里さんの娘に起こされ、手にしていたノートパソコンからマグニチュード9の大地震によって発生した、津波の映像を見せられた。日本の東北地方が大きな被害を受け、実はその地域には美登里さんの母親が住んでいたのである。映像を見るだけで、それ以上の説明は必要なかった。美登里さんは大きな衝撃を受け、一瞬悪い夢でも見ているのかと錯覚したが、ほんとうに信じられない光景だった ...

続きを読む

community en ja es pt

メキシコ日本人移住者の「正月」という祝賀行事と伝統料理

アメリカ大陸に移住した何十万人という日本人は、必要最低限のものしか持参せず少々の着替えといつまでも記憶に残る故郷の写真ぐらいであった。しかし、彼らは自分の家族やその出身村で育んだ無数の伝統と風習を、当然移住先に持ち込んだ。生まれ育った故郷から何千キロも離れたところに住んでいても、消すことのできない記憶のように食べ物の色や味、その匂いを特別な祝賀行事の日に再現したのである。

新年の行事「正月(shogatsu)」は、日本人にとって最も重要な行事であり、今もその伝統は受け継がれている。一年の最後の日「大晦日」の夕食は、家族とともに特別な料理を食べて締めくくり、新年をみんなで明るくおごそかに迎えるのである。昔は旧暦で祝っていたが、明治政府(1868年から1912年)が1873年にグレゴリオ暦を採用してからは、1月1日が正月として定められた。アメリカ大陸でも ...

続きを読む

community en ja es pt

メキシコ革命に関わった日本人移住者

1910年が終わろうとしていた頃、メキシコでは対照的な二つの出来事が起きた。その一つが、9月には盛大に行われた独立100周年記念式典である。そこでは、統一された近代国家をアピールされ、国民も喜びと愛国心に満ちていた。30年にわたり強い指導力で国を統治してきたポルフィリオ・ディアス大統領の願いが濃く現れたものであった。年老いた独裁者は、「独立の叫び(Grito de Independencia)」を行い、大規模なパレードを実施し、半円形のフアレス慰霊碑や独立記念柱等を建造させた。

もう一つの出来事は、独立100周年記念日で祝砲と色鮮やかな花火が打ち上げられてからわずか2ヶ月後、11月20日に起きた。この日、メキシコは銃や大砲の爆発音に包まれ、10年にも及ぶ内戦に突入した。革命が始まった瞬間であった。ディアス大統領主催により海外の来賓客を招いて行われた9月の式典や歓迎会で見た近代的なメキシコの姿の裏には ...

続きを読む