フジコ・クワハラ

(Fuyiko Kuwahara)

20世紀初頭南米に移住したキヨシ・クワハラの孫。チリ共和国のイキケで生まれ、32年前からカナダに居住。チリの大学で勉強し、助産婦の資格を取得。その後、イキケ助産婦協会の役員として活発な社会活動を行った。カナダへ移住後は、ビジュアルアーツ系の仕事をするかたわら、副業として画家をしている。近年、執筆することが好きであると気付き、これからはもっと自分のルーツである日本について書き続けたいと思っている。

(2019年9月 更新)

community en ja es pt

ニッケイ物語8 — ニッケイ・ヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

私のヒーロー:キヨシ・クワハラ

幼い頃の私のヒーロは、立派な功績持ち素晴らしい行いをする人でした。しかし、時が経つに連れ、私のヒーロー像は変わり、今では全く違うものとなっています。ペルー日系人協会にある「ピオネーロス(パイオニアという意味)」という日本人移住者データバンク(1899年~1941年)のおかげで、私ははじめて祖父の情報を得ることができ、戸籍謄本を手に入れることができました。そうすることで、今の私の一番のヒーローであるキヨシ・クワハラという人物について少しイメージが浮かぶようになりました。

私は、チリ北部の乾燥地帯イキケという街で生まれ、親だけではなく祖父母のキヨシとマツノにも育てられました。祖父は初婚の妻と死別して10年ぐらい経ってから祖母と再婚しました。祖父には二人息子がおり、祖母には一人娘がいました。幸いにも三人とも仲の良い兄妹として育ちました ...

続きを読む