ニッケイ物語#6: いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

頻繁に寄せられる要望に応えるべく、「ニッケイ物語」の中で最も人気があるテーマ「食」を再び採用することにしました。「いただきます2!新・ニッケイ食文化を味わう」では、ニッケイ文化における食の役割をもう一度取り上げます。

食にまつわる視点や経験について、個人的なストーリーやエッセイ、回想記、論文、レストラン評論、散文などをッケイにお寄せください。

あなたが食べているものは、どのようにあなた自身のアイデンティティを反映していますか?コミュニティが結束し、人々が一つになる上で、食はどのような役割を果たしているのでしょう?あなたの家族の中では、どのようなレシピが世代を越えて受け継がれていますか?

「いただきます2!」シリーズに作品を投稿してくださった皆さん、どうもありがとうございました!ニマ会メンバーが、気に入った作品に「星」を投票し、ニマ会のお気に入り作品が決定しました。これを持ち、投票は締め切らせていただきます。編集委員によるお気に入り作品は、11月20日に発表します!

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

詳細は、5dn.org/itadakimau2JAをご覧ください。


その他のニッケイ物語シリーズ: 

#1: いただきます!ニッケイ食文化を味わう 
#2: ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~ 
#3: ニッケイ人の名前:太郎、ジョン、フアン、ジョアオ? 
#4: ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観 
#5: ニッケイ語:家族、コミュニティ、文化の言葉 

food ja

復活のフェイジョアーダ

「3年ぶりに美味しく頂きました」――。2005年6月、ブラジル岡山県人会の岡詢(まこと)会長(当時、66歳)は、ブラジルを代表する料理「フェイジョアーダ」の皿を前に、なにかをふっきったような晴れ晴れとした表情でそう言った。

それもそのはず、岡さんは同県人会館でフェイジョアーダの大鍋をひっくり返して全身大やけどの瀕死の重症を負った過去があるからだ。

ブラジルを代表する郷土料理フェイジョアーダは、黒豆を牛の耳や干し肉などと煮込んだもの。肉の脂分やゼラチン質がたっぷり溶け出し、やわらかくなった黒豆がどろどろのスープ状になっており、マンジョッカの粉をかけ、御飯と共に食べるこってりした料理だ。

なぜか土曜日の定番料理で、ブラジルにきたばかりの日本人は、一見「ぜんざい」かと勘違いする ...

続きを読む

community ja

スザノから全伯に広がるヤキソバ発祥の地の誇り — 製麺所と文協がタイアップ

コロニア発で全伯に浸透し、今では広く伯人に親しまれるようになった『YAKISOBA(ヤキソバ)』―。ただし、日本で一般的なのはソースヤキソバなのに対し、どうしてブラジルでは山のように具がのった餡かけヤキソバが広まったのか―。この謎は「コロニア七不思議」の一つと言われるほど経緯が不明だった。ところがその陰には、スザノ市の広谷製麺所の存在と、会館維持の為の資金源にしようと同地文協を陰ながら支える婦人会活動にあったことが分かった。〃ヤキソバ発祥の地〃スザノを訪れ、知られざる普及の裏話を聞いた。

今では聖市セントロ界隈ではセー広場やアニャンガバウーのブラジル人経営の庶民的バール1のメニューに「YAKISOBA」と堂々と書かれている。

レストランで食べる高級料理の「寿司・刺身」は主にブラジル人富裕層や中産階級に広まったのに対し ...

続きを読む

food en

Natto: A Love Story

I love natto. But it wasn’t always that way. My mom gave me my first taste when I was around seven or eight years old and it didn’t go well. I gagged and begged her for a cup of water to wash the bitter taste out of my mouth. “It’s good for you,” she said, but I swore right then that not a single, slimy, smelly bean would ever touch my lips again.

Growing up, I put it on the same list with things like tamago gohan and tazukuri—weird foods that my parents and grandparents ate ...

続きを読む

food pt

Sopa de couve

Quando Geró foi contratada para cozinhar para a minha família não fazia idéia da revolução que iria  causar nas nossas vidas. Mineira, cozinheira de “mão cheia” (como ela mesma se apresentou), chegou com planos de agradar a todos com suas receitas maravilhosas. Deparou-se com minha mãe, que era quase despudorada quando o assunto era determinar  cardápios.

A situação merece um breve histórico.

Éramos nove, então. Pai, mãe, seis filhas e um ajudante bem forte. Mais do que uma família, formávamos uma equipe de trabalho de um pequeno ...

続きを読む

food en

Yes, It Matters: Nisei Cuisine and Japanese American Identity

I have, for years, advocated the celebration and codification of a uniquely Japanese American culture of eating that I have come to refer to as “Nisei cuisine.” Nisei cuisine is the uniquely American food that developed as the “second generation” (first to be born in the USA) of Japanese Americans, generally considered to be those born between 1915 and 1940, came of age and, post-internment, moved throughout the United States, taking part in the development of the great post-war American middle-class.

The foundation of this cuisine are the taste elements the Issei, the first generation of Japanese immigrants, brought from ...

続きを読む