田中 裕介

(たなか・ゆうすけ)

札幌出身。早稲田大学第一文学社会学科卒業。1986年カナダ移住。フリーランス・ライター。グレーター・バンクーバー日系カナダ市民協会ブルテン誌、月刊ふれーざー誌に2012年以来コラム執筆中。元日系ボイス紙日本語編集者(1989-2012)。1994年以来トロントで「語りの会」主宰。立命館大学、フェリス女学院大学はじめ日本の諸大学で日系カナダ史の特別講師。1993年、マリカ・オマツ著「ほろ苦い勝利」(現代書館刊)により第4回カナダ首相翻訳文学賞受賞。

(2020年3月 更新)

sports en ja

戦前のスポーツ大好き二世たちの青春: 「今」を映した宮西正三のカメラアイ — その2

その1を読む >>

「テニング」と名乗った日本人

「テニングさん」と呼ばれているのは、竹内十次郎(1869〜1937)という三重県桑名市出身で海軍主計学校を首席で卒業し、英国駐在大使館付の武官として1898年にロンドンに赴任した元海軍少佐のことだ。日本海軍が日露戦争に備えて英国で軍艦建造を急いでいた時、使途不明金が発覚した。軍法会議において、33万円(今に換算して約30億円)の欠損を生じさせたとして、竹内は懲役11年の判決を受けた。1904年にカナダへ亡命した竹内は、名前をJusan Tenningと変えた。「Jusan」とは「十次郎」の ...

続きを読む

sports en ja

戦前のスポーツ大好き二世たちの青春: 「今」を映した宮西正三のカメラアイ — その1

1930年、バンクーバー朝日軍はターミナルリーグで2度目の優勝を遂げた。以後、朝日軍の快進撃は続き、1938年から3度続けてバラードリーグでの優勝をさらった。だが、そこで真珠湾攻撃が起きて万事が休した。そして、選手たちは道路キャンプ、ゴーストタウン収容所、あるいは戦争捕虜収容所へと去っていった。当時の日系社会は野球熱にうなされていた。ふりかえると、それは世界恐慌で始まり戦争に飲み込まれていった10年だった。日系漁民は漁労免許を取り上げられ、日本帝国軍が中国の奥深くへ侵攻するに従い、北米での人種差別は露骨になっていった。日系社会は生活の様々な局面で抑圧されていった。だが、そんな中でも二世たちは勉学に励み、可能な限りスポーツを楽しみ青春を謳歌しようとしていた。

1931年、カナダ政府は第一次世界大戦に従軍した日系退役軍人の投票権を認定した。ブリティッシュ・コロンビア大学在学中の日系人たちは ...

続きを読む

education en

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

Waves of Pandemics and the Prewar Japanese Canadian Community

The 1918 influenza epidemic swept the world for two years, infecting 500 million people and killing approximately 50 million. The outbreak first infected World War I soldiers on the battlefield, and the pandemic occurred as the soldiers returned home from the war zone, spreading the virus all around the world. Canada was not an exception, and nearly 50,000 Canadians died.

Meanwhile, racism against Japanese immigrants seemed to have toned down during the war (1914-1918). This was partly because Japan’s warships had guarded the Canadian west coast shoreline from German warships based on Yap Island, in compliance with the ...

続きを読む