Nikkei Chronicles #2 — Nikkei+ ~ Stories of Mixed Language, Traditions, Generations & Race ~

Being Nikkei is inherently a state of mixed traditions and cultures. For many Nikkei communities and families around the world, it is common to use both chopsticks and forks; mix Japanese words with Spanish; or celebrate the New Year’s Eve countdown with champagne and Oshogatsu with ozoni and other Japanese traditions.

This series introduces stories explore how Nikkei around the world perceive and experience being multiracial, multinational, multilingual, and multigenerational.

Each piece submitted to the Nikkei+ anthology was eligible for selection as our readers’ favorites. 

Here are their favorite stories in each language.

To learn more about this writing project >>


Check out these other Nikkei Chronicles series:

#1: ITADAKIMASU! A Taste of Nikkei Culture
#3: Nikkei Names: Taro, John, Juan, João?
#4: Nikkei Family: Memories, Traditions, and Values 
#5: Nikkei-go: The Language of Family, Community, and Culture 
#6: Itadakimasu 2!: Another Taste of Nikkei Culture
#7: Nikkei Roots: Digging into Our Cultural Heritage

community ja pt

雨に濡れた『てるてる坊主』

最近、「幼なじみと今でも交流が続いています」と言うと、驚く人が大勢います。その上、その幼なじみとは60年来の交流だと知って、更にビックリ。「いいなぁ。うらやましいわ」と、みんなが言ってくれます。

わたしは誇りに思っています。幼なじみは1人ではなく、実は7人兄弟なので、60年経った今では、30人以上の大家族になりました。

先日、その幼なじみを訪ね、ちょうど帰るときに、ドアを出て後ろを見ると「変わった花」に目が止まりました。くしゃくしゃになった紙のようで、もっと近づくと「あら ...

Read more

community ja pt

ジュリアのJAPÃO発見

母方の祖父母は100年前、日本からブラジルへ移住して来ました。サンパウロ州のファゼンダ1で筆舌に尽くし難い苦労をして、やっと、念願の農園を手に入れました。10人の子どもはブラジルで生まれましたが、ポルトガル語は十分に話せず、家で使うのは日本語でした。子どもたちは日系一世・二世と結婚し、生涯パラナー州で暮らしましたが、母だけが、結婚と同時に、サンパウロ市に住みました。

父方の祖父母も同様に、100年前にブラジルに移住して来ました。家族は、夫婦と3人の子どもで、船旅の途中で父の妹が生まれ、そのあと、ブラジルで父の弟も生まれました。祖父は、最初はサンパウロ州のファゼンダで働きました ...

Read more