Nikkei Chronicles #9—More Than a Game: Nikkei Sports

With most major sporting events, including the 2020 Olympic Games in Tokyo, either cancelled or postponed due to the COVID-19 pandemic, people are missing the experience of live sports. For this edition of Nikkei Chronicles, we invite you to share stories about Nikkei sports. It is our hope that sharing thoughts and recollections of pastimes that we love can help to unite and comfort us during a difficult time.

What makes Nikkei sports more than just a game for you? Perhaps you’d like to write about your Nikkei sports hero or the impact of Japanese athletes on your Nikkei identity. Did your parents meet through a Nikkei basketball or bowling league? Are you intrigued by an important chapter of Nikkei sports history, like the prewar Issei and Nisei baseball teams?

Submissions will be accepted until October 31, 2020, at 6 p.m. PDT.

All stories submitted that meet the project guidelines and criteria will be published in the Discover Nikkei Journal on a rolling basis as part of the More Than a Game series. Authors may submit multiple entries.

For more information, visit 5dn.org/sports.

Check out these other Nikkei Chronicles series >>

business ja

ブラジル移民珍商売

この話は僕がブラジルからカナダへ移住した際に、2008年のブラジル移民百周年を記念して、リオデジャネイロで殊の外お世話になった真木昌(まき・さかえ)先生の偉業を トロントの『大陸時報』に 書いたもので、再度こちらで紹介したいと思います。

戦後の打ちひしがれていた日本人に夢と希望をもたらしたのは「富士山の飛び魚」と称えられた古橋、橋爪、真木、浜口の日大水泳チームが樹立した八百メートルリレー世界新記録でした。1950年3月にブラジルに遠征した日大水泳部がブラジルの日系人に大歓迎を受けたのは言うまでもありません。

ブラジルが気に入った最年長の真木昌さんは、ブラジル水泳界の要請に応じブラジルに移住されました。サンパウロの名門スポーツクラブ「パウリスターノ」のヘッドコーチに就任し、その後、レシーフェのブリティッシュカントリークラブに破格の好待遇で迎えられました ...

Read more

sports ja

ボルガ河畔の想い出

今年85歳の僕は半世紀を超えるブラジル、アメリカ、カナダでの移民生活には数多くの想い出があります。中でも最も心に残る生涯の想い出は、80歳の時にロシア連邦タタールスタン共和国の首都カザニでの水泳マスターズ世界選手権大会の表彰台に立った瞬間の達成感でした。日本での水泳競技会では地方大会予選落ちが殆どで、全国大会には2回出場しただけの3流選手の僕が、オリンピックメダリストに勝って世界選手権大会の表彰台に立てるとは夢の様でした。

小学校では野球選手で、巨人のキャッチャーの藤尾が3番打者、ファーストの僕が4番、阪急でホームラン王になった中田が5番のクリーンナップトリオで阪神間では強豪チームでした。ところが、中学1年の時に学校でファーストミットを盗まれ、野球選手になる夢を泣く泣く諦めました。終戦直後の日本ではグローブは製造されておらず、ファーストミットは父の1ヶ月の収入ぐらいの値段でしたから、再度は買って貰えませんでした。そんな事で、金がかからず裸一貫でやれるスポーツは相撲か水泳しかなく、水泳に転向したのでした。野球を続けておれば、せいぜい甲子園どまりか良くても六大学レベルで、世界の檜舞台メジャーでの活躍は望むべくもなかったでしょう。当時は泥棒を恨みましたが ...

Read more

sports ja

少年野球チーム「バンクーバー新朝日」の彦根遠征観戦記

2019年3月20日午後4時、私はJR彦根駅前のホテルコンフォートの前のベンチに座り、横浜から来るバスを待っていた。定刻通リに2台のバスが到着し、少年野球チーム「バンクーバー新朝日」チームの元気な若者とその両親たちがにこやかな笑顔と共に元気そうに降りて来た。ジョン・ウォン(John Wong)さん、トミオ・フクムラ(Tomio Fukumura)さん他遠征チームの役員の皆様と挨拶&握手で出迎えた。

「Welcome to Hikone! お疲れ様です」 

これより新朝日一行55名は、約一週間彦根に滞在し、滋賀県のチームと親善試合や観光親善活動を行うのである ...

Read more

sports es

Marisa Matsuda: un ícono nikkei para el sóftbol

Marisa Matsuda Matayoshi podría ser famosa por su humildad, pero en el campo de entrenamiento de béisbol y softbol, dos deportes hermanos, en el club AELU, en Lima, no hay quien no la conozca. Todos la saludan como si viviera en una permanente celebración por sus dos últimos logros personales: a inicios del 2019 recibió el distintivo Mujer y Deporte, otorgado por el Comité Olímpico Internacional (COI), por su trabajo como dirigente del sóftbol, y a fines del mismo año dio su mayor batazo: ser incluida en el Salón de la Fama de ...

Read more

sports es

El mundo de Marcela Castillo Tokumori

2019 es el segundo mejor año de la carrera deportiva de Marcela Castillo Tokumori. En los Juegos Panamericanos de Lima ganó la medalla de plata en la modalidad de poomsae en taekwondo. Si los Juegos se convirtieron en una gran fiesta nacional, fue gracias a personas como ella.

Su mejor año fue 2016. Ahí su carrera despegó. Fue subcampeona mundial y alcanzó el estatus de deportista de elite. Por una feliz coincidencia, sus dos más grandes logros tuvieron como escenario Lima, así que su familia pudo compartir su alegría con ella in situ. “Le da un ...

Read more