Kizuna: Nikkei Stories from the 2011 Japan Earthquake & Tsunami

In Japanese, kizuna means strong emotional bonds.

This series shares stories about Nikkei individual and/or community reaction and perspectives on the Great Tohoku Kanto earthquake on March 11, 2011 and the resulting tsunami and other impacts—either about supporting relief efforts or how what has happened has affected them and their feeling of connection to Japan.

If you would like to share your reactions, please see the “Submit an Article” page for general submission guidelines. We welcome submissions in English, Japanese, Spanish, and/or Portuguese, and are seeking diverse stories from around the world.

We hope that these stories bring some comfort to those affected in Japan and around the world, and that this will become like a time capsule of responses and perspectives from our global Nima-kai community for the future.

* * *

There are many organizations and relief funds established around the world providing support for Japan. Follow us on Twitter @discovernikkei for info on Nikkei relief efforts, or check the Events section. If you’re posting a Japan relief fundraising event, please add the tag “JPquake2011” to make it appear on the list of earthquake relief events.

community es

Rikuzentakata: A dos años del terremoto y tsunami de Tohoku - Parte 2: Akinari Ohta

Lea parte 1 >>

2. Llegada a Rikuzentakata y encuentro con Akinari Ohta

Sábado 11 de mayo – 11 pm
Estación Ikebukuro (Exit West side 7).

Desde Ikebukuro, distrito de Tokyo, nos dirigimos a la ciudad de Rikuzentakata (RT), en la Prefectura de Iwate, con Adiene Roque, Especialista en temas de Cultura, Bilingüismo e Interculturalidad. Tomamos un colectivo de la línea Kesen (Bus Kesen Liner), ya que las vías del tren hasta la Estación Rikuzentakata fueron destruidas por el tsunami. Sólo se puede llegar a la ciudad a través de un colectivo o auto ...

Read more

community es

Rikuzentakata: A dos años del terremoto y tsunami de Tohoku - Parte 1: NPO SAVE TAKATA

Para el trabajo de Tesis para la carrera de Periodismo, en la Universidad del Salvador (USAL), en Buenos Aires, elegí tratar el tema del Gran Terremoto de Tohoku y tsunami del 11 de marzo de 2011. El 12 de mayo de 2013 visité tres ciudades afectadas por la catástrofe, en Rikuzentakata, Ofunato (Prefectura de Iwate) y Kesennuma (Prefectura de Miyagi). Adiene Roque, Especialista en temas de Cultura, Bilingüismo e Interculturalidad, me acompañó como intérprete para las entrevistas realizadas. Previamente a esta visita, tuve un encuentro en Tokyo con Nobuaki Sasaki, uno de los co-fundadores de la NPO ...

Read more

community ja

「キルト・プロジェクト」のお手伝いをして

1.全国での展示も終了間近

2012年12月30日。この日は、津波で壊滅的被害を受けた岩手県沿岸部の大槌町でキルト展が行われていた。国内での展示も残り2カ所。リンダ・オオハマさんの提唱でカナダ全土から届いたキッズメッセージ・キルトによる復興支援プロジェクトも国内での最終局面を迎えようとしていた。前年6月にキルトが日本に届いてから1年半。目を閉じるといろいろな情景がよみがえってくる。

2.キルトが届いて

2011年6月25日。カナダに住む友人のノーム・イブキさんから1通のメールが届いた。「被災地の子どもたちを応援しようとカナダの子どもたちがキルトにメッセージを描いた。そのキルトを持ってリンダさんという人が被災地の学校を訪問する。仙台でお手伝いできる人を探してほしい。日曜日までに」。その日は日本時間で土曜日。時間的余裕は1日しかなかった。

当時私の住まいは福島県郡山市。しかも1カ月後に定年退職を控え、残務整理で連日休日出勤している身 ...

Read more

community ja

震災後の被災者とボランティアを描いた「草の根」映画 『Pray for Japan』

手をつけなかったオニギリ

2012年3月14日午後7時、ロサンゼルス郊外にある映画館AMCトーランスの1館は、満席の盛況だった。上映作品は「Pray for Japan」。東日本大震災のその後、2011年の4月から5月にかけて被災地で撮影されたドキュメンタリー映画だ。

上映に先駆けて、友人からメールが届いた。それには「収益全額が被災地に送られる」と書いてあった。これは是非多くの人に見てもらわなければと、ありったけの友人知人に私はすぐにそのメールを転送した。すると私が無知なだけだったのか、「行く予定にしている」や、日本語雑誌の編集者からは「既に告知のコーナーに取り上げた」などの嬉しい返事が届いた。そうなると自分の座席が心配になったので、すぐさまインターネットでチケット確保をしたのだった ...

Read more

community ja es

震災後の宮城県を訪問

2011年3月11日14時46分(日本時)、三陸沖を震源に、日本国内観測史上最大マグニチュード9.0の巨大地震が発生、大津波が東北太平洋沿岸地域の町、生活、生命を奪い去り人々の胸に消すことのできない傷痕を残しました。私は宮城県出身でメキシコ在住の画家であり、宮城県人会、メキシコ宮城青葉会副会長も努めております。半年経過しましたが、この東日本大地震のことは深く脳裏に焼き付け決して忘れないようにしたいです。

深夜の緊急電話連絡で事態を知り、インターネット上の報道に釘付けのまま、仙台、石巻、南三陸、気仙沼、陸前高田、宮古など、良く知る市町村名と共に表示される「壊滅、崩壊」の文字や ...

Read more