日系アメリカ人として持つ日本に対する親近感(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私は、日本語を話すことも読み書きもできたので、日本にいる間はアメリカ人より日本人に親近感を抱いていました。アメリカ人の仕事仲間がいて、東京アメリカンクラブに所属し、そこではアメリカ人としか交流がありませんでした。でも、日本人と交流し、働き、彼らと日本語で話すことで、私は日本をとても身近に感じ、日本の一員であるかのように感じていました。私は日本人ではありませんが、アメリカ人として、日本人と日本語で付き合えて幸運でした。自分が住む土地の現地の言葉を解さないことは大変な不利益になるので、私は特にそう思うのです。そういう意味で、事務所のアメリカ人スタッフは、日本ではあまり役に立ちませんでした。

日付: 2006年5月29日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Japan Japanese language

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団