親子の触れ合い (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 親子の触れ合いはと聞かれれば、まずそうですね・・・農場にいる時の両親は忙しいですからほとんど(会話をすることが)なくて、触れ合う時間があるとすれば食事の時か夜ぐらいでした。私達の娘の育て方はと言いますと、妻が娘に毎晩本を読んで聞かせていました。娘が1歳になると(誰かに)ひっきりなしに本を読んでもらっていました。でも私の両親は農場の仕事で忙しくてそんなことはしてくれませんでした。母国語の日本語を使っていましたし・・・あのころ何度かおとぎ話や歌なんかを聴いた記憶はありますけど。親子の対話は、特に学校の勉強に関して、全くありませんでした。

日付: 2004年1月7日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アート・ハンセン
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

education family language

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団