演劇とのかかわり (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 当時エミコ・オオモリさんはサンフランシスコにいたので、それで彼女のいくつかのフィルム制作に参加することになり、スティーブン・オカザキとフィリップ・ゴタンダとフィルムの脚本を書き始めたのです。また当時私は「Asian American Theatre Company」と係わりがあり、確か15演目ぐらいの演劇に出演した経験があったので、オオモリさん達が移民世代の役やマノン(フィリピンでおじさんという意味)の役を演ずる人が必要なときは・・・フィリピン人の役もやったのです。その時はフィリピン人移民がどんな感じかをつかむために、(フィリピン人の)友達の家にいったり教会に一緒に行ったりなどしました。彼らは日系アメリカ人とはまた全然違いますから。

日付: 2004年1月7日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アート・ハンセン
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

emiko omori phillip gotanda san francisco steven okazaki theater

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団