舌足らずの話し方を直してくれた先生 (英語)

舌足らずの話し方を直してくれた先生 (英語) 子供たちと過ごす時間 (英語) 様々な人種・民族 (英語) 戦時中のプロム (英語) 知事選出馬を決意 (英語) 公平であること (英語) 退役軍人の影響 (英語) ハワイの国際的な役割 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 中学2年生の時、私はかなり舌足らずな話し方をしていました。その頃、話し方を直さない限り自分は弁護士にはなれないだろうと思うようになっていました。 そんな中、私がハマダ先生に出会ったことはとても幸運なことでした。先生は、私が主に受けていた授業を1日2時限、3年間受け持っていました。ハマダ先生は、私が抱えていたフラストレーションをよくわかっていました。

ある日先生が、「今週末、学校に来て私の手伝いをしてくれる?教室の中で手を入れておきたいところがあるの」と言って、私を学校に呼んだんです。でも私が先生を手伝うというのは口実で、実際先生は私に音読をさせたかったのです。私は覚えられないくらいたくさんの本を声に出して読みました。それからハマダ先生は、私に弁論大会への参加を勧めたり、生徒会裁判の被告側弁護人に私を任命してくれました。私が言語障害を乗り越える過程で、先生には本当に助けられました。

私がセントラル中学校を卒業した後も、先生は弁論大会への参加を継続するよう励ましてくれました。そして高校代表として私がオアフ島弁論大会の決勝に進んだ際にも、先生は聞きに来てくれました。私のスピーチを聞いた先生は、「あなたが、あのジョージ・アリヨシと同一人物だなんて信じられないわ」と言ったんです。

日付: 2003年12月15日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アート・ハンセン
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

education teacher

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団