当時の収容所に対する認識(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) ええ、本土の日系兵士が強制収容所から来ていたことは覚えていますが、収容所の場所までは把握していませんでした。でも、西海岸の大勢の日系人が強制収容所に収容されていたことは知っていました。そして本当にたくさんの人たちが第100歩兵大隊や第442連隊戦闘団、アメリカ陸軍情報部(MIS)に志願していました。直接訊ねることはしませんでしたが、私が通っていた学校だけみても、強制収容所から来た人たちがいたことは分かっていました。

日付: 2006年5月29日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

100th 442nd army military World War II

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団