日本語学校に通ったこと(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

私たちは、両親とは日本語で話していました。初等教育の8年間、8時から午後2時、2時半だったかもしれませんが、子供たちは、英語の小学校に行くことを義務づけられていました。そして近くには日本語教室があり、1時間の日本語のクラスを受けなければなりませんでした。ですから、レベルの差こそありましたが、皆日本語で両親とコミュニケーションをとることができました。親が子供達に教えたり小言を言う時、私たちはそれをちゃんと理解していました。

日付: 2006年5月29日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

japanese school language

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団