日本の親戚を訪問(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)1947年秋、任期満了が迫っていました。任期中、私は福岡の親戚を訪ねることができました。軍用機を利用し、福岡へ飛び、確か、最初に訪れたのが父方で、次に母方の親戚を訪ねました。祖母は、90歳に手が届くくらいの年齢になっていたと思いますが、私は祖母の家に泊まりました。 家の外にある風呂に入った時のことは、今でもよく覚えています。風呂桶の下に薪をくべてお湯を焚いていて、桶はただの鉄でした。私は入り方が分からず、ただ飛び込みました。そして危うく背中とお尻を火傷するところでした。もの凄く熱くて飛び跳ねてしまいました。今でもよく覚えていますよ。忘れられません。 父方の祖母宅には一晩泊まり、次の日の朝、母方の親戚の家に行こうとすると、祖母に「馬鹿なことはやめてここに居なさい。ここがあなたの家よ!」と言われました。祖母は、私がずっと居るものだと思ったようです。 その後、私は母方の家に行き、数日間泊まりました。私が母の末の弟、叔父のことを知ったのは、この時が初めてでした。彼は、真珠湾攻撃(1941年12月7日、ミッドウェイ島における2回目の攻撃)に参加し、戦死していました。

日付: 2006年5月29日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

family Japan ofuro

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団