敵性外国人とみなされた日系アメリカ人兵士(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)両親の出身地が日本であるという以外に、私は(日本に対して)何ら特別な感情を持っていませんでした。私は、「敵」と呼ばれている人々についても、本当に何とも思っていませんでした。にもかかわらず、ハワイ準州守備隊に所属し、1、2ヶ月たったある日、私は呼び出され、全ての日系アメリカ人は除隊されるという通達を受けました。私たちは、「敵性外国人」と見なされたのです。私たちは、日系「アメリカ人」ですが、適性外国人という烙印を押されたので、除隊されたのです。

日付: 2006年5月29日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

discrimination racism World War II

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団