戦時中に参加した日本での兵役訓練(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 朝になると白い上着ともんぺに着替えチームに分かれます。赤組は赤い鉢巻をして。私達が受けた訓練はそんな感じでした。とても寒くて・・・たまたまその日が寒かったのかしら?とにかく寒かった記憶があります。竹槍を持ち、指揮官が「前へ!前へ!」と言うと、その号令に合わせて前へつきました。そして「アメリカ進駐軍が来たらどうするんだ?」との問いかけに、また前へ前へとつくです。私達が(敵に)強姦されるとか何とか、そのような事は言われませんでした。でもこの様なことをして(攻撃に)備えていたのです。

日付: 2003年8月3・4日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: アリス・イトウ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

Japan military drills World War II

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団