政府機関におけるアジア系アメリカ人の増加(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)控訴裁判所はもちろん、連邦判事が多様性を反映するのは良いことだと思います。なぜなら、皆が同じ法律に乗っ取ってやろうとしても、個人的な経験は持ち込んでしまうものだからです。どんな仕事であれ、それは避けられません。そのため、裁判所含め政府機関は、今日アメリカが表しているような多様性を反映するよう努力すべきだと思います。そういう意味で、現在私だけではなく、多くの他の日系アメリカ人が地方裁判所や州立裁判所にいることは良いことです。昔とは全く異なっています。

振り返れば、私が法科学校に通う前は、日系アメリカ人判事が1人いました。最高裁判所のジョン・アイソ。カリフォルニア州の判事ですよ。カリフォルニア州には1,000人の判事がいました。中国系アメリカ人判事のデルバート・ウォンもおり、私は彼のことも知っていました。ジョン・アイソの数年後に任命された人物です。しかし1000人にも及ぶ判事の中で、アジア人はたった二人だけ。何かがおかしいと思うでしょう。でも今は大きく変わりました。なので、今はより社会を反映しやすくなり、すべての人にとってよくなったと思うのです。

日付: 2014年7月2日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 加藤 さくら
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

Aiso bench california court Delbert diversity john judge law State Wong

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団