両家族への適応(英語)

ビラーさんにとっての「ニッケイ」(英語) 両家族への適応(英語) ハパ・ハオレ(英語) それぞれの文化と自分自身を重ねる娘たち(英語) アイデンティティにとっての文化の重要性(英語) 第442連隊戦闘団(英語) 決して多くない日系ユダヤ人(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私は、「カメレオンマン」でした。この呼び方はウッディ・アレンの映画から来ているのですが、この映画の主人公は、一緒に居る人とカメレオンのように同じ人物になるのです。私の場合は、例えばハワイの祖父母の家に行くと、完璧な日本人の女の子になりました。祖母は、ほとんど日本語しか話しませんでしたから、私は、日本人のように振る舞いました。おばあちゃんに愛されたかったのですね。そして、ビバリーヒルズに住むユダヤ人の父方の親戚のところに行く時は、私はすぐに完璧なユダヤ人になりました。親戚の家に足を踏み入れる瞬間、私の髪の毛は一気に縮れて、つまりユダヤ人特有のアフロのような髪になる感じですね。そして、「やあ、元気にやってるかな?」(笑)と話し方まで変わるんです。私は、居場所に応じて自分を変えていました。そうせずにはいられなかったのですね。みんなが愛してくれているから、私はみんなを喜ばせたかったですし、親戚の人たちは、私が彼らと同じであることを期待しました。そして、同じだと喜んでくれました。

日付: 2013年4月4日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: パトリシア・ワキダ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

california hapa hawai'i Japanese Jewish Mixed nikkei

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団