性別によるハパ・プロジェクトに対する反応の違い (英語)

幼少時から自分のアイデンティティを意識(英語) アートを通して見つけた共通点(英語) アジア系アメリカ人として中国系の名前を使うことを拒否(英語) ハパ・プロジェクト(英語) 特有性の認識(英語) ハパ・プロジェクトを通してみる認識の変化(英語) 『あなたは何ですか?』の質問に答えることの難しさ(英語) ハパ・プロジェクトで学んだこと (英語) 性別によるハパ・プロジェクトに対する反応の違い (英語) 意識的プロセスとしてのアイデンティティ (英語) 日系アメリカ人が持つ「ハパ」としての意識の高さ(英語) 自分にとって最も重要なアイデンティティ-「ハパ」(英語) 他人にレッテルを貼られることの不快さ(英語) 「ハパ」アイデンティティの国際的側面 (英語) アメリカ国外でのアイデンティティに関する問題 (英語) 他人にアイデンティティを強要(英語) 「アイデンティティ芸術」にみる変化(英語) 自分が誰であるかを主張する権利(英語) 「ハパ」の定義(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 予想外の面白い発見がありました。1000人くらい写真を撮ったんですが、だいたい3分の2から4分の3が女性なんです。そんな結果がでるとは全く予想もしていませんでした。なぜ女性の方が多いのだろうと考えさせられましたよ。べつに女性のハパの方が生物学的に多いわけでもないですし・・・わかったのは、おそらくこの国では女性の方が「What are you(あなたは一体何ですか)?」という問いに直面することが多いため、男性よりもこのプロジェクトに関心があり、また率先して自分の事について話すのではないかということです。これは私にとって大きな発見でした。

私は仕事の中で男らしさについて、東洋での考え方と比較してこの国では(男らしい)強さをどのように測るかについて色々と話します。例えば授業で男らしい強さをどう測るか?と生徒に問うと「ほら、男は泣かないでしょ、男は強いんだ」「父親が亡くなったけど、彼は泣かなかった」「彼は泥棒を撃退した」「彼はあの男をぼこぼこに殴った」といったものがあがります。これに対し「量子物理学をマスターした」「バイオリンをマスターした」「年老いた両親の面倒をみている」というようなものについては、この国では強さとして評価しません。つまり、自分のことを(べらべらと)話して自分から喜んで写真を撮ってもらうという行為と、自分のことを(べらべら)しゃべるのは男らしくないというこの国の評価(基準)の2つの要素は関連しているのではないかと思うのです。学びましたね・・・後でなるほどと考えされられましたよ。こういったことには常に興味がありましたからね。

日付: 2006年5月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジム・バウワー
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

gender hapa identity

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団