幼少期のこと (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私は、1934年にカリフォルニア州のサンタマリアで生まれました。実は、一週間前誕生日だったのです。80歳になりました。

父は和歌山県生まれの移民一世で、早稲田大学にいたという珍しい経歴を持っています。父はこの国に来て、ユタ大学に行きました。そう、ユタ大学の卒業生なのです。しかしその後、カリフォルニア州サンタマリアに移り住みました。父はサンタマリア・バーレーで農協の幹部ディレクターというものをやっていました。そこで私が1934年に生まれたのです。父は、私がまだ4歳のときに亡くなりました。

当時、私には3人の姉妹がいました。つまり母は4人の子供を持つ未亡人になったのです。私は4歳くらいで、母はロサンゼルスに移り住みました。そのため、私はほぼロサンゼルス育ちみたいなものです。

戦争が始まった1941年、私は確か7歳でした。そのすぐあと、1942年の5月、アリゾナ州のポストンにある強制収容所に“疎開”させられ、1945年の8月までそこで戦争時代を過ごしました。

私たちはロサンゼルス地域に戻り、軍隊に入り、学校へ行っていた時を除いては、それ以来ずっとここに住んでいます。そうでなければ、私は人生でずっとカリフォルニア南部にいたはずです。

日付: 2014年7月2日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 加藤 さくら
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

1934 arizona california incarceration Poston Prefecture santa maria Wakayama WWII

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団