海兵隊に所属(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)初めのうちはカレッジに行っていましたが、落第も同然でした。そのため「他のことをしなければ」と決意したのです。そこで友人が「海兵隊になってみれば?」というので「わかった」と。でもそんなに大きな決断ではありませんでした。さらに、一度外へ出たら、復員兵援護法によって高等教育を受けるための経済的な援助を得ることができる、と当時考えていました。それも動機のひとつです。

日付: 2014年7月2日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 加藤 さくら
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター; Japanese American Bar Association

Corps Marine UCLA

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団