他人にレッテルを貼られることの不快さ(英語)

幼少時から自分のアイデンティティを意識(英語) アートを通して見つけた共通点(英語) アジア系アメリカ人として中国系の名前を使うことを拒否(英語) ハパ・プロジェクト(英語) 特有性の認識(英語) ハパ・プロジェクトを通してみる認識の変化(英語) 『あなたは何ですか?』の質問に答えることの難しさ(英語) ハパ・プロジェクトで学んだこと (英語) 性別によるハパ・プロジェクトに対する反応の違い (英語) 意識的プロセスとしてのアイデンティティ (英語) 日系アメリカ人が持つ「ハパ」としての意識の高さ(英語) 自分にとって最も重要なアイデンティティ-「ハパ」(英語) 他人にレッテルを貼られることの不快さ(英語) 「ハパ」アイデンティティの国際的側面 (英語) アメリカ国外でのアイデンティティに関する問題 (英語) 他人にアイデンティティを強要(英語) 「アイデンティティ芸術」にみる変化(英語) 自分が誰であるかを主張する権利(英語) 「ハパ」の定義(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)他人にレッテルを貼られるのは余り好きではありません。自分のアイデンティティ(が何か)を決めるのは、自分自身の選択です。これは素晴らしいことだと思います。そのアイデンティティが何であっても構いませんが、アイデンティティを特定する場合に・・・。

そういえば、この間犬をビーチに連れて行き違反切符を切られた時、例の「You people(お前たち)」という呼び方をされたのです。人から「You people」と呼ばれた瞬間、そう呼ばれた人がマイノリティーになり、そしてその「You people」の解釈はどんな意味にもなり得るわけです。「You people」と呼ばれた人としては「なるほどね、どういうスタンスの会話かわかったよ。」という気なります。ですからこの男性に「この事についてはお前たちには長い間言ってきているだろう!」と言われた時、私としては「うーん、『お前たち』って犬をビーチに連れてきている人のこと?それともサーファー?(肌の)茶色い人?タトゥーのある人?髪の長い人?」と思ったのです。その人にとってどういう人達を指すものであれ・・・私は「お前たちってどういう意味ですか?」と聞いてみました。しかしその男性は黙ったまま違反切符を書き続け、答えようとはしませんでした。

その時私は、この男性は頭の中で(私に対し勝手に)何だかのレッテルを貼っていて、それが(意識の中で)働いているのだと気が付いたんです。この男性の「You people」が意味するところは、「我々のこの偉大な国や市の法律を無視する、お前たち法律違反者」なのかもしれませんし、または別のものが(意識の中で)働いていたのかもしれません。とにかく、私は極力自分のやり方で自分自身のアイデンディディを決める選択をしているんです。

日付: 2006年5月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジム・バウワー
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

identity prejudice

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団