収容所ではバトントワリングをして時を過ごしていた(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私は収容所でバトントワリングもしていました。収容所には自分で持てるものしか持っていけなかったので、私はバトンを持ち込み、収容所でバトントワリングをしました。ブーツはカタログから注文しました。シアーズ・ローバックかモンゴメリー・ワードのカタログだったと思います。どっちだったかは覚えていませんが、一流品でした。ちょっとした衣装や本もあったので、パレードなどで他の人たちのパフォーマンスを見て、基本的には独学で学びました。やっていて楽しかったですね。バトントワリングは何時間もひとりで練習しなければならない類いの競技なので、バトンを持っていてよかったです。

日付: 2018年11月8日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジューン・バーク
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

baton camps majorette

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団