演じることで家族や日系アメリカ人コミュニティを代表する(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)他の人たちと同じ感覚だったかどうかは分かりませんが、私は行儀よく振る舞わなければならない、自分が模範になっていると感じていました。自分の行動はすべて、私の両親や姉妹だけでなく、全ての日系アメリカ人コミュニティのイメージに影響すると思ったのです。だから私は行儀よく振る舞い、いい子でいなければなりませんでした。そうでなければコミュニティに恥をかかせることになるからです。戦後私は、自分は一世や二世のコミュニティの一員だと強く感じていました。それは私にとっては良いことで、トラブルには近づかずに済みました。

日付: 2018年11月8日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジューン・バーク
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

acting actor community identity

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団