『パイレーツ・オブ・カリビアン』の撮影現場でキース・リチャーズと会ったこと(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)『パイレーツ・オブ・カリビアン』の現場では、キース・リチャーズにも会いました。私は彼の名前を聞いたことがなく、誰かも知りませんでした。その時私はメイクをしてもらっていて、目を閉じていました。誰かが私の手をとるのを感じ、目を開けました。すると彼はこう言いました。「やあ、僕はキース。あなたは誰?」私も自己紹介をしました。彼はいつもとても優しくて素晴らしい人でした。一緒に食事をしたり、楽しい時間を過ごしました。でも最初は彼が誰か知りませんでした。彼がその場から離れた時、「あれは誰?」と人に聞きました。「キース・リチャーズよ」と言われても、「キース・リチャーズ」って誰?と聞き返したくなかったんです。なぜならみんなとても興奮して、「キース・リチャーズがセットに来るよ!キース・リチャーズがこうでね、キース・リチャーズがああでね」なんて話していたからです。私はどこか隅っこに行って娘に電話し、誰にも聞かれないようにひそひそ声で「キース・リチャーズって誰?」と聞きました。娘は、「ママ!みんな彼が大好きなんだよ!」と言いました。会う前から彼のことは聞いていましたが、実際に会った彼は腰の曲がった小男で、歩く姿を見て、「え?女の子たちはみんなあの人に夢中なの?」と思ってしまいました。でも彼はとても魅力的で愛情深い人でした。私もすっかり夢中になりました!それからジョニー・デップもとても優しくてフレンドリーでしたが、キース・リチャーズのような温かい性格の持ち主ではありませんでした。キースはミスター・チャーミングでした。

日付: 2018年11月8日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジューン・バーク
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

acting actor Keith Richards movie

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団