ほこりだらけのミニドカ収容所の記憶(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)(収容所は)ひどいほこりでした。粉末のように細かいほこりで、思い返してみると、それは地面に3、4インチ(約7.5~10cm)ほど積もっていました。ですから階段を降りると煙というかほこりがあたり一面に舞うのです。そして風が少しでも吹くと、まるで霧が立ち込めたようになりました。食事をしに食堂へ行き、食べ物を噛むと砂の粒がじゃりっとするのがわかるのです。でも驚いたことに人間は慣れるのですね。しばらくすると私も砂の入った食べ物に慣れてしまいました。

日付: 1997年4月18日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: ロリ・ホシノ、スティーブン・フギタ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

camps internment minidoka World War II

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団