2度の3年契約を経てアメリカへ

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

日本調理士組合というのがありまして、そこで私は三長会の調理士組合に入りました。そこで修業というか、まあ、いろんなところに、「はい、今日はあそこに行ってきなさい」、「あそこで人が足りない」といったら行く。そういう職業安定所みたいな斡旋所に連れて、そこでいろいろな所に行きました。まあ、都内も行きました。県外も行きました。そういった道を歩んでいる間に、「おい、豊島。おまえ、アメリカにこういうのがあるけど、行ってみないか」という話が舞い込んで来ました。

その前に、代々先輩方がアメリカに68年ぐらいからもう行ってるんだそうです。そして私が3回目の交代で73年、当時25歳でしたけど、73年の3回目の時は「どうですか、ロサンゼルスという所にあるから行ってみないか」という具合でこちらに参りました。まぁ2年と思ったんだけど、3年ていう、長いんだよーという厳しいあれで来ましたけど、非常に、まあ都内を回っていたせいか、「古い町並みなんだなぁ、ロスは」という印象を受けて、少ない寿司屋さんがありまして、その当時は東京會舘というお店だったんですけど、そこで3年間、頑張らせてもらいました。

3年終わりまして、契約も頑張って終わりました。で、帰らなければいけない。で、一旦帰りました。1年もしないうちにまた連絡が来まして、「アンコール来てくれないか」って事務所から。「お前が出なきゃダメ」ということで、また同じ東京會舘に3年契約を結んでまた来ました。

ですから当時、契約というのは今の野球みたいな感じのベースボールみたいな感じだったんだなって、今振り返ると契約をいただいて我々も来てたんだと振り返ると懐かしく思っていました。

日付: 2016年4月16日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺 美津重
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

contract Los Angeles sushi chef

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

「ニッケイ・ルーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団