地域によって違った差別の状況 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 私が差別を受けた唯一の経験は、医学校で学んでいた時です。当時の医学校で性差別は当たり前でしたね。シカゴでは、アジア系は珍しかったのでしょう。もの珍しそうに見られました。でも、私がどんな人間なのか興味があるだけで、差別はありませんでした。レストランでもナイトクラブでも、差別されませんでした。ロサンゼルスでは状況は全く違っていて、様々な場所で差別を受けました。レストランに行っても給仕してもらえないこともありました。シカゴでは、初めのうちはレストランなどに行くことを多少躊躇しましたが、普通の待遇を受けたので、次第にナイトクラブやレストランなどへ出掛けることに慣れていきました。

日付: 2005年3月31日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: グウェン・ジェンセン
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

chicago discrimination gender Los Angeles medical school racism

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団