アメリカ市民になった理由

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

永住権取って、市民権ということまでは考えていなかったんですけど、2000年の時に市民権を取りました。その時は第一号の英語のわからないアメリカ人が誕生したのではないかというぐらい、英語がわからなくても市民権をいただいたということで感謝しております。

やっぱし家族が出来て、私はもう日本、それともふるさとに帰ってもまあ、あれだから、こちらの方に第二のふるさとができたんだなという意味もありまして、市民として生まれた子供たちのためにも、やっぱり市民になって、一緒にならなければいけないんだなという心構えがあって、取らせていただきました。本当にありがとうございます。

日付: 2016年4月16日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺 美津重
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

citizenship Shin-Issei

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団