初めて来たときのアメリカの印象

1万ドルで永住権取得 初めて来たときのアメリカの印象 海外に憧れ調理師免許を取得 移住当初の生活 日系人に助けられて ボーディングハウスでの荒れた生活 ゲイを相手にビジネス 移民船ぶらじる丸

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

アメリカに来たのが、1969年の5月の中頃に来ました。その当時はええ、そうですね、世界をなんでも見てやろうという時代で、ヒッピー時代で、自分も大学3年の時に2年間ぐらい、まあ、世界を見てやろうと思って一応ロサンゼルスに来て1年半いて、それから南太平洋、オーストラリア半年ぐらいいて、2年後に日本に帰って。でも既にその時には目から鱗で、もう日本とは違うカルチャーを知っちゃって、すぐにまたお金を貯めてアメリカに、ロサンゼルスに戻ってきました。

360円の時代で、ほんとにもう見るものすべてがびっくりして、ラルフスとかああいうマーケットに行ったらにおいだけでも興奮して、凄いなあっていうのを感じ、もう一番しましたね。で、僕の場合は観光ビザで来て、まあ、あの当時はビザの件そんなにうるさくなかったんですけど、また戻ってきたいっていうような感じで、日本にいったん帰ってまたお金を貯めて、ぶらじる丸って船に乗ってまた来ました。

日付: 2015年8月4日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺 美津重
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Los Angeles migration Shin-Issei United States

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団