アメリカの市民権を取ることの利点

ソーシャルワークを学ぶきっかけ アメリカの市民権を取ることの利点

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

私はその市民権は取らなくていいわと思ってたんですけれども。よく考えましたらね、あの、アメリカで日本のことがわかる市民がいるということは、日本のためにもなると思ったんですね。

あのたとえば、もしか良くない、日本にとって不利になるようなことが、法律が通ろうとするのを阻止することもできますでしょ。市民権を持っていたら。市民権を持ってないとそういうことはできませんけれど。日本のことをよく知っている日系人がいて、日本に不利なことが通ろうとしているのを阻止することもできるんじゃないかと思って。やっぱり、日系人というのは大事なんじゃないかと思うようになったんです。ですから、今では皆さんに市民権を取って損をすることはないと思いますって。

日付: 2015年8月28日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 渡辺 美津重
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

citizenship United States

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団