異人種間結婚禁止法時代の結婚(英語)

異人種間結婚禁止法時代の結婚(英語) おてんば娘(英語) 日本で育ったこと(英語) ポストン収容所での記憶(英語) 戦後の学校生活(英語) 父の第二次世界大戦への出兵(英語) 収容所からアップランドへの引っ越し(英語) ポストンへの到着(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)私を結婚させようと、その人たちはどうにか父を説得しました。私はまだ結婚する準備はできていませんでしたし、考えたことすらありませんでした。婚約し、いよいよ全てが動き出すと、式場探しが始まりました。私たちが結婚できる1番近い場所は、ニューメキシコ州でした。最初の町がローズバーグで、私たちはそこへ行くことにしました。ハーバートの家族、私の父、母、ハーバートの兄(弟)、そしてハーバートと私でした。私たちは、牧師を見つけましたが、教会は今清掃中で使えないけれど、牧師館で結婚させてあげる、と言われました。 当時、カリフォルニア、ユタ、ネバダ、アリゾナ、オレゴン、ワシントン、モンタナの法律は異人種間の結婚を禁じていました。インディアンやメキシコ人との混血の人口は多かったのですが、政府は、日本人や中国人など、全ての人種をリストに入れていました。ハーフも例外ではありませんでした。 そのようなことを心配していたのは父でした。私は気にしたことはありませんでしたし、考えたことすらありませんでした。そういうことなんですね。私は、自分はアメリカ人だから、どこまでもアメリカ人だ、という意識でした。だから、私が出生証明書を手に入れられなかったのは傷つきました。もし、50年前私が賢かったら、おじに手紙を書いて貰ってたのに、と思いました。おじは、実際手紙を書いてくれたのですが、その時にはもう遅かったんです。他にも証明書類が必要だ、と言われました。

日付: 2012年8月27日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: シンディ・ナカムラ、エミリー・アンダーソン
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター,ニットータイヤ「Life History Project」の協力。南カリフォルニア大学「Hapa Japan Database Project」による提供。

anti-miscegenation laws hapa mixed marriages

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団