戦後の学校生活(英語)

異人種間結婚禁止法時代の結婚(英語) おてんば娘(英語) 日本で育ったこと(英語) ポストン収容所での記憶(英語) 戦後の学校生活(英語) 父の第二次世界大戦への出兵(英語) 収容所からアップランドへの引っ越し(英語) ポストンへの到着(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)終戦の頃には、私たちはすぐに受け入れてもらえるようになりました。オクラホマやメキシコの子供たちも増えていたからです。つまり、基本的に白人のみ、という環境ではなくなっていたので、行動しやすくなっていました。それに、私は何でもかんでもやりたがるタイプではありませんでした。リーダーシップをとるポジションにいました。先生と一緒に演劇部を作り、脚本を書き、小さいこども達と一緒に活動しました。しかも私は、厚かましくも市役所に行き、子供たちと夏の演劇会を開催することを宣言し、実行していました。相当肝が据わってないとできないようなことをたくさんやりましたが、でもなぜか…。よくわかりませんが、自分が彼らよりも優れているということを他の人たちに認めさせたい、というようなところが私にはありました。言葉にするとたちが悪く聞こえるかもしれません。でも、どういうわけか、当時の私にはそういうことができました。

日付: 2012年8月27日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: シンディ・ナカムラ、エミリー・アンダーソン
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター,ニットータイヤ「Life History Project」の協力。南カリフォルニア大学「Hapa Japan Database Project」による提供。

community identity post-war

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団