真珠湾攻撃の記憶 (英語)

アメリカ政府への反応 (英語) 真珠湾攻撃の記憶 (英語) 初選挙 (英語) 母の生い立ち (英語) 父について (英語) FBIとラジオ (英語) 父からの言葉 (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 私が住んでいたのは真珠湾から約15マイル離れたところでしたが、上空の様子や、煙や炎が立ち上がるところを見ることができたんです。

I*:その時あなたは家に居たのですか?

ええ、そうです。その日は日曜日で、私たち一家は毎週日曜日の日課で、いつものように教会へ行く準備をしていました。私の母は大変敬虔なメソジストでした。教会へ行く時は、常にネクタイを着用していたのですが、その時も私はちょうどネクタイを着けるところでした。ネクタイは私にとって象徴的なものなので、覚えているんですよ。私がネクタイを身に着けるのは、葬式や結婚式、そして教会に行く時だけで、それ以外に着けることはありませんでした。それから靴についても同じで、学校にも裸足で行っていたんです。でも12月7日以降、それも変わり、私は毎日靴を履くようになりました。そしてそれは大きな変化の1つでした。私にとっては重大な変化でしたね。他の人にとっては取るに足らないことかもしれませんが、私にとっては重要な意味を持っていました。

その時、ラジオから音楽が流れていたのですが、突然ディスクジョッキーの声が割り込んできて音楽を止め、「これは現実です。本当に起っているのです。演習ではありません。」と、かん高い声で言ったんです。私は、「この人はいったい何を言っているんだろう。」と思いました。すると彼は、「日本人が真珠湾を攻撃している。日本人が…爆弾が落ちてきている…。」と言いました。私は父のいるとなりの部屋に行き、外に出たほうがいいと言って、2人で道路に出て、真珠湾の方を見たんです。すると、煙が上がっているのが見えたんです。そして突如飛行機が3機頭上を飛んで行ったのですが、その3機はちょうど真珠湾を爆撃して、海の方へ飛び去って行くところでした。飛行機は灰色で、日の丸が付いていました。私はすぐに、私たちみんなに何かが起るだろうと悟りました。そして今自分がいる世界は終わってしまうだろうと感じました。そして実際その時、全てが終わったのです。

* “I” はインタビュワー

日付: 2001年5月31日
場所: 米国、カリフォルニア州
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

hawaii Pearl Harbor World War II

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団