祭り太鼓の哲学 (スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語) [祭り太鼓の]中核メンバーは常に60人から80人です。全メンバーを合わせると、約400人ぐらいになるのではないかと私は思っています。なぜこれだけのメンバーが存在するか?まあ、確かにライフスタイルと言うか、趣味でもあるのです。一人一人自分の生活があるのです。自分に対する義務や家庭、仕事等もあるわけですが、グループ全体のの哲学の一部は「迎恩(げいおん)」というものに代弁されています。いつでも心から誰でもお迎えするということなのです。 メンバーになりたい人は歓迎され、家族の一員のように扱われるということです。何らかの理由で脱会せねばならない時はいつでも出ることができ、いつでも戻ることができると言う意味を含むのです。脱会者を少なくするというより、グループの心地よくし、もし何らかの理由で脱会せねばならないことがあってもいつでも戻れるようにするというのが我々のモットーなのです。

日付: 2007年9月14日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

arts dance matsuri daiko

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団