日系アメリカ人の庭師ダンス(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) ノブコ(・ミヤモト)と僕ら何人かで、「東京のキングレコードから(音楽を)借りるのは止めて、自分たちで曲を作ってみよう」ということになったんです。それで僕らは初めは日本語と英語を織り交ぜて、最終的には英語のみで曲を書き始めました。今は、それを録音してレコードで流すのではなくて、生のオーケストラを呼ぼうとしている段階です。 そのうちの1つは、「Gardener’s Dance(庭師のダンス)」という曲でこの地で生まれ育ってないと何のことか分からないと思うんです。日本から来た人たちは「これは何なの?」って言うんですけど、彼らはカリフォルニアの日本人庭師のことを知らないんですよね。この曲は庭師が基になってるんですが、批判的な人もいたんです。何人かの庭師は僕らが彼らのことを馬鹿にしてる、と捉えたようですね。でも曲を聴いたほとんどの人たちはとても気に入ってくれたようです。感謝されてうれしかったですね。でも反対意見があったのは、僕らが和製英語を使ったからなんです。

日付: 2004年12月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アート・ハンセン、ソージン・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

arts dance gardeners kinnara music taiko

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団