踊りから学ぶこと (スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語) 通常、我々は公演をしても公演料はとりません。みんな高いモチベーションを持って演奏しています。私の個人的な考えですが、エイサーの踊りはみんなを集結するための手段なのです。出会いを設け、友達をつくり、互いに何かを学んでほしいと思います。 踊るということ、ステージで公演するということは自分の志しを遂げるということでもあります。初心者にしてみると、舞台に上がり、観客の前で踊るということは大きな挑戦でもあります。ミスをせずに踊ることを考えると、緊張しますよね。しかし、たとえ間違えてしまったとしても公演が無事終えるまで踊り続けなければならないのです。たくさんのことが影響するのです。単なる友情関係のものでもなく、趣味ということで片付けることもできません。結局、自分自身への自信に繋がり、達成感を感じることになります。それがモチベーションになるんです。

日付: 2007年9月14日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

arts dance eiso matsuri daiko

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団