ペルー支部祭り太鼓のはじまり (スペイン語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(スペイン語) 1999年のペルー日本人移民100周年記念事業の時、多くの若者に声がかけられ400人ぐらいのメンバーでエイサーを踊りました。これは祭り太鼓の振り付けです。沖縄の本部からもメンバーが参加していました。本部から我々のペルー支部へ話があり、我々はとても感激して、その誘いに喜んで承諾したのです。 100周年記念のために設立した初期のグループは、ペルー沖縄県人会のイニシアチブによって発足するのです。この団体の考えは、記念事業の際多くの人でエイサーを踊るということでした。そのため、もっとも大変な部分を背負ったのです。若者に声をかけ、知人等を通じて口コミで「招集」をかけたのです。その後、日系人コミュニティの新聞等を通じて呼びかけをしました。少しずつ人数も増え、はじめは100名ぐらいだったのですが、手応えがあっためそのうちに200人、300人、そして最終的には420名が集まったのです。99年4月のことでした。 記念事業への参加も終えた後に沖縄本部からお誘いがあったのですが、記念事業後どのようにグループを運営するのか、どのように組織化し、どのように稽古を継続するのかが課題になりましたが、同年の9月24日正式にペルー支部としてスタートしたのです。

日付: 2007年9月14日
場所: ペルー、リマ市
Interviewer: ハルミ・ナコ
Contributed by: ペルー日系人協会 (APJ)

culture dance matsuri daiko okinawa peru

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団