時期を見計らって始めた補償運動(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) (1980年代)以前に(補償運動を)行うのはとても無理でした。強制収容に関する情報も出揃っていなかったし、何よりも自分達の生活を立て直すのに必死でしたからね。それにまた同じ事をされるかもしれないという恐怖感もありました。もし(国を訴える)様なことをすれば、同じように隔離される可能性は充分にありました。憲法上の権利がこれだけ堂々と侵されていたのですから、そんなことをされないという補償はどこにもありません。私の知人の中には、1980年に入ってもまだそう考えている人がいました。

日付: 1998年8月26日
場所: 米国、バージニア州
Interviewer: ダーシー・イキ、ミッチェル・マキ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

redress

ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

「ニッケイ・ルーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団