カナダでの補償運動(英語)

日本語学校 (英語) 子供の頃の日常生活(英語) アルベルタのテンサイ農場(英語) 渡日の決意(英語) 広島で英国軍に従事(英語) カナダでの補償運動(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) I: あなたの家族は、ミッションで所有していた財産を失いましたよね?補償運動についてはどう思われましたか?

あまり深くは考えませんでしたね。賠償問題についてあまり気にせずにいられたのは、もし農場に残っていたとしても私達は今でもイチゴ農家のままだったろうと思うからです。そういう意味では、私達はずいぶん恵まれた方だったと思いますよ。

I: では、受け取った賠償金額についてはどう思われましたか?

私達が実際に所有していた財産に比べると、少ない額でしたね。でも、補償できるのはそれだけ、と政府が言うのであれば、それはもう仕方がないんですよ。

I: いくら受け取ったんですか?

2万ドルです。

* “I”はインタビュワー(メアリー・イトウ)

日付: 2005年3月23日
場所: カナダ、トロント
Interviewer: マリー・イトウ
Contributed by: 世代-日系カナダ人レガシープロジェクト日系文化会館

Canada redress

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団