賠償金について(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 賠償金をもらったからといって何かが変わったわけではありません。私達に送られてきた賠償金で全てが解決したことになりますか?ドイツのユダヤ人が、彼らがドイツ人にされたことに対して「そうね、(ドイツ政府が)2万ドル賠償金を払うのだからこれで全てよし」と言うと思いますか?そんなはずありませんよね。(ドイツ人のユダヤ人迫害などは)2度とあってはなりません。日系アメリカ人の立ち退き命令も同じことです。2度とあってはならないのです。

日付: 1997年4月18日
場所: 米国、ワシントン州
Interviewer: ロリ・ホシノ、スティーブン・フギタ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

politics redress

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団