制度の中で(英語)

若かりし頃の視点 (英語) 考え方の変化(英語) 制度の中で(英語) 正義への戦い(英語) 二世が残した遺産(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) NCJAR(全米日系アメリカ人賠償および補償請求委員会)が集団訴訟を起こしたことは、正しい選択でした。そのお陰で日系二世は、法律や裁判を通せば、彼らにも何かができることを知ったのです。最終的にその訴訟は敗訴に終わりましたが、原告団は上告し、上告は受け入れられました。そして訴えが最高裁まで持ち込まれた時点で、原告団は訴訟には意味があり、その行動は有意義なものだったと認識できたのだと思います。そして、訴訟は単なるお金目当ての浅はかなものではなく、不当な扱いを受けた日系人は、賠償を受けるに値することも確認できたのです。

日付: 1997年9月11日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: グレン・キタヤマ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

civil rights NCJAR politics redress

いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団