二世が残した遺産(英語)

若かりし頃の視点 (英語) 考え方の変化(英語) 制度の中で(英語) 正義への戦い(英語) 二世が残した遺産(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)日系人が強制収容された時、私たちはまだ若く、指導者の立場にはありませんでした。アイコ(アイコ・ヨシナガ・ハージック)も言っていた通り、当時私たちは、自分自身の身に何が降りかかってきていたのか知りませんでした。その後、私たちが強制収容の事実と向き合うことができるまで、かなりの時間を要しました。「自分の国の政府に、私たちはこんなことをされた。」などと言いたくなかったのです。そして、それが自分の国だったからこそ、「国から不当に扱われた。」ことを認めたくないのです。このような心理が二世の心の中にはありました。でも二世は、意志表示をし、補償請求を経て、補償を勝ち取りました。私たち二世は、三世や四世の人々にこの事実を遺すことができたのです。三世や四世ほど補償運動に関わった二世はいなかったかもしれませんが、それでも一部の二世が主張し勝ち取ったことは、重要な遺産となりました。

日付: 1997年9月11日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: グレン・キタヤマ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団