考え方の変化(英語)

若かりし頃の視点 (英語) 考え方の変化(英語) 制度の中で(英語) 正義への戦い(英語) 二世が残した遺産(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)補償運動に際し、若い世代に最も大きな影響を与えたのは、NCRR(補償を求める全国連合)でした。そしてJACL(日系アメリカ人市民同盟)は、補償請求に反対の立場をとっていた多くの年配者の説得に当たりました。反対だった人々は、賠償金を生活保護と捉え、「そんなお金を政府から取るわけにはいかない。」と考えていたのです。それで私たちは、賠償金は福祉ではなく、我々には補償請求する権利があること、そして不当な扱いを受けた場合、相手を起訴できることを、彼らに説明しなければなりませんでした。自動車事故にあったり怪我を負った時、私たちは裁判をします。それと同様に、補償請求はアメリカのシステムとして存在しています。ですから、それを生活保護と考える理由は、どこにもない訳です。

日付: 1997年9月11日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: グレン・キタヤマ
Contributed by: Denshō: The Japanese American Legacy Project.

jacl NCRR redress

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団